プロバイダ選び方ガイド

プロバイダの選び方って?!

プロバイダの選び方を考える前に、あなた自身が今使ってるインターネット環境について知る必要があります。インターネットを楽しむためには、2つの契約が必要と言うことは知ってるでしょうか?

プロバイダ(OCN、So-net、BIGLOBEなど)

回線(フレッツ光、auひかり、ドコモ光など)

2015年2月1日より光コラボレーションというサービスが開始されました。それ以前は、プロバイダと光回線とが別々に契約をしてたサービスが主流でした。NTT東日本、NTT西日本から提供されてるフレッツ光では、プロバイダとの契約は自由でした。そのためにプロバイダの選び方というものが重要になってきたわけです。

しかし、現在では光コラボレーション(OCN光、So-net光、BIGLOBE光など)などやauひかり、ドコモ光などプロバイダと光回線がひとつになったサービスが主流となってきました。今日になってもプロバイダの選び方はとても重要です。

プロバイダを変えると何が変わる?!

通信速度が変わる

プロバイダを変えると通信速度が変わる場合があります。契約上の通信速度は、最大1Gbpsなど変わらないのですが、実体験での通信速度はいろいろな環境などで変わってきます。例えば、プロバイダを変えるだけでも通信速度が速くなったり、逆に遅くなったりします。

プロバイダには通信容量というものがあります。利用客が多いプロバイダはそれだけ多くの容量が必要となるので、それだけの設備を持っています。逆に利用客の少ないプロバイダは少ない設備でも賄えるわけです。

とは言っても、夜間や休日など利用客が多く増える時間帯や曜日などにより大きなプロバイダでも、通信速度が遅くなることがあります。その場合は、v6プラスと呼ばれる通信方式を利用可能なプロバイダを選ぶ必要があります。

月額料金が変わる

各社プロバイダは利用客を増やそうと、月額料金をなるべく安くするように努力はされています。そのため、月額料金は一定ではありません。光コラボレーションやauひかり、ドコモ光などの一般的な料金を紹介しますと。

一戸建てタイプ:5,200円

マンションタイプ:3,800円

以上が、一般的なプロバイダと光回線が一体型になったサービスの月額料金です。ですが、各社激化しており安くなってきているのも事実です。プロバイダの選び方の中でも重要なところでもあります。

キャンペーンが違う

プロバイダも利用客を増やすために、いろいろな努力をされています。その一つがキャンペーンです。例えば、月額料金2,000円割引キャンペーンや、30,000円キャッシュバックキャンペーンなどです。

プロバイダのキャンペーンは非常に大きなものが多く、数万円のキャッシュバックで現金を貰えたり、2年間ずっと割引してもらえたりと目を疑ってしまうものばかりです。ですが、これには裏があります。

違約金に注意

プロバイダも利用客を増やすためにキャンペーンをやられていますので、最低利用期間というものを設けています。これを縛りとも言われているのですが、この最低利用期間を破り途中解約をすると違約金が発生します。

プロバイダの選び方として、違約金も注意しておきたいところですね。

悩み別プロバイダー選びを紹介

インターネットをやっていてこんな悩みがある場合にプロバイダーを乗り換えようかって考えると思います。そんな時にどう選べば良いか経験から紹介させて頂きたいと思います。よろしくお願いします。

ネットが遅い時のプロバイダー選び

ネットの遅くなる時間帯に夜間があります。働いてる方々が家路に着き、一斉にインターネットを始める時間帯が20時から22時とあります。その時間帯に限らず夜間になるとインターネットでは大渋滞を起こします。

この問題を解決するのが、「v6プラス」です。夜間に大渋滞を起こす原因は、プロバイダーです。なぜかというと、プロバイダーではインターネットに繋げる前に「IDやパスワード認証」をしてるために渋滞を起こします。

連想させるのが高速道路の料金所ですね。今までは料金所で現金でお金を払っていました。でも、今はECカードで支払います。そのために料金所で渋滞を起こすことが少なくなりました。これと同じことがインターネットでも起こってます。

IPv4接続では、プロバイダーで渋滞を起しインターネットが遅くなっていました。でも、v6プラス(IPv6接続)によりプロバイダーでの渋滞が起こらなくなったわけです。回線が遅くてインターネットが出来ないと悩んでるならばv6プラスに対応したプロバイダーへ乗り換えてみてはどうでしょうか?

おもなv6プラス対応プロバイダー一覧

●OCN光

●So-net光

●DTI光

●GMOとくとくBBドコモ光

BIGLOBE光

nifty光

なおソフトバンク光は、BBユニットがハイブリッドタイプでv6プラスにも自動的に変換されるために、改めて申し込む必要はありません。以上の、OCN光やドコモ光などはv6プラスを申し込む必要があります。

月額料金が高いと感じた時のプロバイダー選び

2015年2月から光コラボレーションが提供開始され、それまでのプロバイダーと光回線との別々契約が解消されました。それに伴い月額料金もグッと安くなったのです。なぜなら、それまではプロバイダーと光回線と別々の会社に支払っていたために、割高だったのです。

プロバイダー:900円~1200円

光回線:一戸建て⇒4700円。マンション⇒3050円~4050円

プロバイダーと光回線の合計が最高額で6000円になることもありました。これにより高いと感じる方も多かったはずです。ですが、光コラボレーションになってからは安くなりました。

安くなった光コラボレーションなどの月額料金表

プロバイダー名 月額料金 タイプ
OCN光 5,100円 一戸建て
OCN光 3,600円 マンション
So-net光 3,980円 一戸建て
So-net光 2,980円 マンション
BIGLOBE光 4,980円 一戸建て
BIGLOBE光 3,980円 マンション
nifty光 4,600円 一戸建て
nifty光 3,480円 マンション
ソフトバンク光 5,200円 一戸建て
ソフトバンク光 3,800円 マンション
DTI光 3,600円 一戸建て
DTI光 2,400円 マンション
楽天ブロードバンド光 4,800円 一戸建て
楽天ブロードバンド光 3,800円 マンション
ドコモ光 5,200円 一戸建て
ドコモ光 4,000円 マンション
auひかり 5,200円 一戸建て
auひかり 3,800円 マンション
NURO光 4,743円 一戸建て

以上の様に、月額料金が以前よりも安くなりました。プロバイダーと光回線が一体型になったプロバイダーを選ぶことが重要です。そこで気になるのが乗り換えると光回線工事が必要になるんじゃないのという問題です。⇒事業者変更で簡単にプロバイダー乗り換え

光回線工事が不要なプロバイダー選び

光回線工事に不安を感じるという方も多いと思います。例えば、女性の方なら、工事作業員の男性を家に入れるのは不安だと感じるでしょう。そんな時、工事はやりたくないと思うはずです。また、光回線工事で家に穴を開けられるんじゃないかと不安になる方も多いはずです。

光回線工事への不安は多いと思うのですが、工事をしないとインターネットは開通しません。しかし、同じ光コラボレーション同士やフレッツ光系統の光回線同士なら工事をしなくても乗り換えが可能となっています。

2019年7月より光コラボレーション同士やドコモ光と光コラボとの間でのプロバイダー乗り換えで、光回線工事をする必要もなく事務処理で乗り換えが可能となったのです。それまでは、同じフレッツ光を借りて事業をしてる光コラボレーションなのに光回線工事が必要だったわけです。

私自身も同じフレッツ光なのに、光回線工事をしなければならない事が腑に落ちませんでした。でも、これからは例えば、OCN光⇒So-net光への乗り換えも事業者変更承認番号を発行してもらう事で乗り換えが可能です。

プロバイダーを選ぶ幅が広がったと思います。これからは自由にプロバイダー乗り換えが出来ます。同じフレッツ光系統の光回線ならば。

違約金が発生しても負担してくれるプロバイダー選び

プロバイダーを乗り換えたくても、縛りがあって乗り換えると違約金が発生するため出来ないという悩みがある方も多いはずです。そんな方を救済してくれるプロバイダーを紹介します。

違約金が発生するのはキャンペーンで月額料金が割引されたケースです。この場合、2年契約だったり、3年契約だったりするわけで、その間は月額料金を割引するので、その代わりに途中解約はダメですよというものです。

もし途中解約でもすると違約金が発生するわけです。数百円で済むなら乗り換えますが、数万円もかかるとやはり出来ません。完全なプロバイダーの縛りというものです。

プロバイダーの縛り期間と違約金一覧表

プロバイダー名 違約金 縛り年数
OCN光 11,000円 2年
So-net光 7,500円 30ヶ月
BIGLOBE光 9,500円 2年
BIGLOBE光 20,000円 3年
nifty光 9,500円 2年
nifty光 20,000円 3年
ソフトバンク光 9,500円 2年
DTI光 0円 なし
楽天ブロードバンド光 1,800円 フレッツ光および光コラボを利用中でない方は800円
ドコモ光 13,000円 2年(戸建て)
ドコモ光 8,000円 2年(マンション)
auひかり 15,000円 3年
auひかり 9,500円 2年
NURO光 9,500円 2年

違約金を負担してくれるプロバイダー一覧

プロバイダー名 違約金負担額
ソフトバンク光 最大10万円
auひかり 最大3万円

もし、違約金が発生するなら違約金を負担してくれるプロバイダーに乗り換えるのもひとつの方法です。全額とはいかない場合もありますが、少しでも負担してもらえるなら嬉しい限りですね。

違約金を発生させない方法とは

例えば、OCN光を2019年10月に契約したとしたら、2年契約をすることになり縛りが2年間続きます。という事は、2021年10月までの縛りです。そこで、解約するタイミングは25ヶ月目と26ヶ月目ということになりますので、2021年11月か12月に解約すれば違約金は発生しません。

これと同じ事をあなたの契約に照らし合わせて考えてみて下さい。2年縛りなら25ヶ月目と26ヶ月目です。2年後の契約月の1ヶ月後と2ヶ月後に解約なら違約金が発生はしません。覚えておいて下さいね。