プロバイダー乗り換えナビ

プロバイダー乗り換え料金一覧(40プロバイダー一覧)

OCN for ドコモ光評判ページへ
一戸建て:5,400円
マンション:4,200円
OCN光評判ページへ
一戸建て:5,100円
マンション:3,600円
So-net光評判ページへ
一戸建て:2,980円
マンション:1,980円
ソフトバンク光評判ページへ
一戸建て:5,200円
マンション:3,800円
BIGLOBE光評判ページへ
一戸建て:4,980円
マンション:3,980円
nifty光評判ページへ
一戸建て:4,600円
マンション:3,480円
DTI光評判ページへ
一戸建て:3,600円
マンション:2,400円
楽天ブロードバンド光評判ページへ
一戸建て:4,800円
マンション:3,800円
ドコモ光評判ページへ
一戸建て:5,200円
マンション:4,000円
auひかり評判ページへ
一戸建て:5,200円
マンション:3,800円
So-net auひかり評判ページへ
一戸建て:3,480円
マンション:1,980円
GMOとくとくBBドコモ光評判ページへ
一戸建て:5,200円
マンション:4,000円
NURO光評判ページへ
一戸建て:4,743円
マンション:4,743円
エキサイト光評判ページへ
一戸建て:4,360円
マンション:3,380円
GMOとくとくBB評判ページへ
一戸建て:5,960円
マンション:3,380円
GMOとくとくBB auひかり評判ページへ
一戸建て:5,100円
マンション:3,800円
ぷらら光評判ページへ
一戸建て:4,800円
マンション:3,600円

niftyドコモ光評判ページへ
一戸建て:5,200円
マンション:4,000円
So-netコミュファ光評判ページへ
一戸建て:4,110円
マンション:3,980円
Cひかり評判ページへ
一戸建て:4,980円
マンション:4,980円
BBIQ評判ページへ
一戸建て:4,700円~
マンション:3,800円~
ピカラ光評判ページへ
一戸建て:4,500円
マンション:3,400円
J:COM評判ページへ
一戸建て:3,937円
マンション:3,500円
かもめインターネット評判ページへ
2,366円(プロバイダー料金)
2,366円(プロバイダー料金)
ちょっパヤ!ネット評判ページへ
2,366円(プロバイダー料金)
2,366円(プロバイダー料金)
エディオンネット評判ページへ
一戸建て:5,200円
マンション:3,800円
アサヒネット評判ページへ
一戸建て:4,080円
3,400円
オープンサーキット評判ページへ
一戸建て:1,980円
マンション:1,980円
WAKWAK評判ページへ
一戸建て:5,940円
マンション:4,620円
アット光評判ページへ
一戸建て:4,600円
マンション:3,600円
光ギガ評判ページへ
一戸建て:5,300円
マンション:5,100円
iSmartひかり評判ページへ
一戸建て:5,400円
マンション:3,700円
ブロードエース評判ページへ
1,800円(プロバイダー料金)
1,800円(プロバイダー料金)
アイレスネット評判ページへ
グリーンネット評判ページへ
hi-ho評判ページへ
Yahoo!BB評判ページへ
AOL評判ページへ
インターリンク評判ページへ
クイック光評判ページへ
DMM光評判ページへ
Marubeni光評判ページへ

プロバイダー乗り換えってどういう意味?

よく知らない人も多い「プロバイダー乗り換え」

「プロバイダー乗り換えがお得」とよく言われていますよね。ですが、実際にプロバイダーを乗り換えるとはどういう意味なのか、ちゃんとわかっている人は案外少ないものです。

特に最近はインターネットに詳しくない人でもスマートフォンやタブレット、パソコンなど、あらゆるデバイスを通じてインターネットを利用して暮らしています。

デバイスの利用はできるけれど実態はよくわかっていない、という人がどんどん増えているんです。

そもそも自宅で光インターネットを使う場合には、光回線会社とプロバイダー会社、それぞれと別の契約を結ぶことになります。

最近はどちらも同じ会社が提供していてセットになっていることもありますが、従来通り回線とプロバイダーをひとつひとつ別の会社と別の契約をして利用しているケースも多いです。

プロバイダー乗り換えは、このふたつの契約のうちプロバイダー会社との契約について見直し、他の会社へと乗り換えることを指します。

プロバイダー会社を乗り換えるだけで、キャッシュバックや利用料金の節約など、様々なメリットを得られるので「プロバイダー乗り換えがお得」だと言われているんですね。

プロバイダーだけの乗り換えなら手軽で簡単!

もちろんプロバイダー会社だけではなく光回線の会社も乗り換えることはできるのですが、その場合、住んでいるところによっては工事が必要になります。

そうなると工事の予約などの手間もかかりますし、インターネットを使えない期間も出てきてしまい、なかなか気軽に乗り換えることができません。

一方、プロバイダー会社だけを乗り換えるのであれば工事などは一切不要です。

これまで契約していたプロバイダーを解約し新しいプロバイダーと契約する、という事務手続きだけですぐに乗り換えることができます。

インターネットが使えない期間もなく、メリットの大きさに対しデメリットがとても少ないのが魅力です。

現在のプロバイダー会社に特にこだわりがない場合には、ぜひ乗り換えを検討してみてくださいね。

プロバイダー乗り換えでお得にインターネットを楽しもう

プロバイダーの乗り換えで受けられるメリットは色々ありますが、その中でも一番わかりやすいのがキャッシュバックの存在です。

乗り換え時期に行われているキャンペーンなどによっても内容は変わりますが、ほとんどのプロバイダーで新規契約をすると現金や商品券、なんらかの景品といった形で一定額のキャッシュバックを得られるのです。

加えて、契約した月は料金が無料になるところも多く、1ヶ月分料金が丸々浮いてしまうことも。

現在利用しているプロバイダーよりも安い利用料金の魅力的なプロバイダーがあれば、乗り換えによるメリットはとても大きなものとなります。プロバイダー乗り換えでお得に光インターネットを楽しみましょう!

プロバイダー乗り換えの方法は3つ

1.新規でプロバイダーを申し込む方法
2.転用でプロバイダーを申し込む方法
3.事業者変更でプロバイダーを申し込む方法

新規でプロバイダーを乗り換える方法

1.乗り換えたいプロバイダーを申し込む。

2.プロバイダーより申し込みの確認。

3.回線工事の調節と予約。

4.回線工事の実施。

5.プロバイダーの設定。

6.インターネットの開通。

新規でプロバイダーを申し込む場合は、回線工事の開通が必須です。そのためにまずは回線工事の予約をすることから始まります。また、工事には立会人が必要なので家族の誰かが立ち会える時間を確保する必要があります。

詳しくはこちら⇒新規でプロバイダーを申し込む手順と方法について

転用でプロバイダーを乗り換える方法

1.NTT東日本およびNTT西日本のホームページへ行き転用承諾番号の発行をする。

2.転用したいプロバイダーを申し込む。(光コラボ、ドコモ光など)

3.プロバイダーよりご利用案内が郵送にて送られてくる。

4.プロバイダーの設定。

5.インターネットの開通。

転用でプロバイダーを申し込む場合は、NTT東日本およびNTT西日本にて転用承諾番号を発行してもらう事が必須になります。転用承諾番号の発行は、NTT東日本およびNTT西日本のホームページへ行き、転用承諾番号の発行コーナーにて必要事項を記入の上、申し込みをすると数時間後から数日後には登録したメールアドレスおよび郵送にて送られてきます。

プロバイダーの申し込みは、転用承諾番号が発行されてからとなります。申し込みが完了すると郵送にて「ご利用案内」が送られてきます。中には「プロバイダーID」や「パスワード」など重要な事が記載された書類が送られてくるので大切に保管しておきましょう。

詳しくはこちら⇒転用でプロバイダーを乗り換える手順と方法について

事業者変更でプロバイダーを乗り換える方法

1.現在の事業者へ電話にて事業者変更承諾番号を発行してもらう。

2.事業者変更したいプロバイダーを申し込む。(他社光コラボ、ドコモ光、フレッツ光など)

3.プロバイダーよりご利用案内が郵送にて送られてくる。

4.プロバイダーの設定。

5.インターネットの開通。

事業者変更でプロバイダーを申し込む場合は、現在利用してる事業者へ電話で事業者変更承諾番号を発行してもらいます。プロバイダーの申し込みは事業者変更承諾番号が発行されてからになります。

転用と事業者変更は間違えやすいですが、転用は必ずNTT東日本およびNTT西日本からがスタートになります。事業者変更は事業者がスタートになるので間違えないようにしましょう。

詳しくはこちら⇒事業者変更でプロバイダーを乗り換える手順と方法について