プロバイダー乗り換えを宣伝

プロバイダー乗り換えキャンペーン!高額キャッシュバック比較

So-net光

a

ビッグローブ光
a
NURO光
a
So-net光 ビッグローブ光 NURO光
料金:3,180円/1,980円 料金:4,980円/3,980円 料金:4,743円
最大52,000円キャッシュバック! 最大37,000円キャッシュバック 最大36,000円キャッシュバック

当サイトプロバイダー乗り換えおすすめランキング!ベスト3

OCN 光 【So-net 光 コラボ】
a
【SoftBank 光】
a
OCN So-net ソフトバンク光
料金:5,100円/3,600円 料金:3,980円/2,980円 料金:5,200円/3,800円
2年更新型割引
OCNとことん開通サポート
v6アルファパッケージ
OCN口コミ・キャンペーン詳細へ
大幅割引
光電話12ヶ月無料
v6プラスルーター12ヶ月無料
安心サポート12ヶ月無料
So-net口コミ・キャンペーン詳細へ
他社違約金最大10万円還元
おうち割光セット
光回線工事費キャッシュバック
最大25,000キャッシュバック!
ソフトバンク口コミ・キャンペーン詳細へ

プロバイダー乗り換え目次

体験者が語るプロバイダー乗り換えの注意点
別ページ●3つのプロバイダー乗り換えの方法
プロバイダー乗り換えのメリット
プロバイダー乗り換えで高額キャッシュバック
プロバイダー乗り換えで割引キャンペーン
ポイント制度のあるプロバイダー乗り換え
プロバイダー乗り換えの申し込み手順
別ページ●自分のプロバイダーを確認する方法
プロバイダー乗り換えに関する疑問に解答
当サイトプロバイダー乗り換えおすすめランキング

プロバイダーとは?! 何のことだって思ってませんか?! 実は、私もネットに疎い頃はプロバイダーって知りませんでした。

プロバイダーと光回線の違いもわからないと思います。そもそも、インターネットって、というところからわからないはずですよね。そこで、パソコン操作が苦手な方や、初心者、ネットに疎い方にもわかるように説明をしていきますね。

インターネットの回線が、線路だと思ってください。そして、プロバイダーが駅だと例えます。例えば、「プロバイダー」って言葉が知りたいって思ったとします。そうしたら、Googleなどの検索窓に「プロバイダー」って打ち込みますよね。

すると、回線と言う「線路」を伝って電気信号が送られていきます。「プロバイダー」って言葉の電気信号ですね。そして、あなたが契約してるプロバイダーと言う「駅」へ到着して、そこから目的地のホームページへ繋げてくれるのです。

その際、「PPPoE接続」っていう接続方法があるのですけど、それだと「プロバイダーID」と「パスワード」をプロバイダーと言う「駅」を通過するたびに認証して目的地へ繋げてくれるわけです。

その目的地を認識してるのは「IPアドレス」と呼ばれるネット上の住所を示すもので認識して目的地へ繋げてくれます。郵便屋さんや宅急便などで説明すると目的地へ運ぶときに住所を見て運んでくれますよね。

それと同じで、ネット上でも「IPアドレス」と呼ばれるネット上の住所を見て目的地へ運んでくれます。そして、目的の「プロバイダー」って言葉のホームページがヒットして、検索順列が表示され、そこから自分の目的にあったサイトへ移動するってわけです。

だから、プロバイダーって駅のように目的地へ運んでくれる重要なものなんです。そうですね。郵便屋さんで考えると道路を回線と考えるとインターチェンジがプロバイダーだと考えられます。

そうして、私達が検索窓に入れて検索する行為が、ネット通販で注文したのと同じと考えるなら、郵便屋さんが回線と呼ばれる道路を走って運んでくれます。そして、プロバイダーと呼ばれるインターチェンジを通過して、目的地のあなたの家へ「IPアドレス」と呼ばれる住所を見て運んでくれたと考えられます。

プロバイダーとは、鉄道で言えば「駅」のようなもの。車で言えば「インターチェンジ」のようなものと言えます。つまり、ネット上の駅です。目的のホームページへと繋げてくれる重要なものです。

Q.プロバイダーと回線は絶対に必要ですか?

A.はい。回線だけだと目的のホームページは見れませんし、プロバイダーだけだとネットに繋がりません。プロバイダーと回線は、コンビなのです。それぞれが、重要な仕事をしてくれているので、私達はインターネットという楽しい世界が見れています。

インターネットを通じて、世界の人と繋がることも出来ますし、有名人ともインターネットを通じて繋がります。また、知りたい事がすぐに見つかるのもインターネットだからこそです。

Q.プロバイダーって乗り換えも可能?!

A.はい。プロバイダーは乗り換えが出来ます。但し、回線とセットになってるものは、セットで乗り換えとなります。フレッツ光に関しては、プロバイダーのみの乗り換えが可能です。また、プロバイダーは自由に選ぶことが出来ます。

料金が高いと思えば、安いプロバイダーへ乗り換えてもいいですし、キャンペーンが魅力なところもあります。それぞれのプロバイダーには良いところ悪いところがありますので、十分に注意をしてプロバイダー乗り換えを楽しみましょう。

詳しくはこちらをご覧下さい⇒プロバイダー乗り換えとは

プロバイダー乗り換えのメリット

プロバイダー乗り換えで高額キャッシュバック!!

プロバイダー名 キャッシュバック額
auひかり
a
●52,000円
NURO 光
a
●35,000円
【@nifty光】
a
●30,000円
【SoftBank 光】
a
●25,000円
ビッグローブ光
a
●25,000円
DTI 光
a
●19,000円
GMOとくとくBBのドコモ光

a

●15,000円

高額キャッシュバックはプロバイダー乗り換えの最大のメリットです。乗り換えるのは面倒ですが、プロバイダー乗り換えをするだけで、最大で5万円もの高額なお金があなたの通帳に振り込まれます。

一人暮らしの方ならもうその高額キャッシュバックは独り占めです。一気に高額なお金が振り込まれたら、旅行へ行くのもありですし、美味しい食べ物を食べるのもありですね。

プロバイダー乗り換えで割引キャンペーン

プロバイダー名 一戸建て割引額 マンション割引額
【So-net 光 (auひかり)】
a
●2,045円 ●2,770円
【So-net 光 コラボ】
a
●2,000円 ●2,000円
DTI 光
a
●1,200円 ●1,200円
OCN 光 ●1,100円 ●1,100円

ちょっと地味なキャンペーンですが、月額料金が割引されるのは嬉しいことですね。それでも1年間に換算すると最大で33,240円にもなります。So-net auひかりのマンションタイプですが一ヶ月で2,770円も割引されるのでお得感は相当です。

但し、DTI光以外は〇年縛りが発生し、途中解約すると違約金が必要になります。その点は注意が必要ですね。もし、縛りが嫌ならDTI光にするか、割引キャンペーンのプロバイダーは避けるべきです。

ポイント制度のあるプロバイダーへ乗り換え!

プロバイダー名 ポイント制度名
【So-net 光 コラボ】
a
●ソネットポイント
【楽天ひかり】

a

●楽天スーパーポイント
OCN 光 ●gooポイント

プロバイダーにはポイント制度をもってるプロバイダーもあります。楽天ひかりの【楽天スーパーポイント】は有名なところです。ポイントでお買い物の際に割引して貰えたり、プロバイダーの月額料金にあてる事も出来ます。

ポイントはすぐにでも貯まるのが良いところで、使い切ってもまた貯まります。どんどん貯めてお得にプロバイダーを楽しみましょう。

工事が必要なプロバイダー乗り換えでも簡単

工事かぁ~。だるいなぁ~って思ってるあなた。大丈夫ですよ。確かに立会人が必要ですが、1日中拘束される事はありません。早ければ30分。長くても2時間のみの我慢です。その間は、自宅でくつろいでいれば大丈夫。

あっという間に工事が終わって開通です。開通すれば、プロバイダーの設定をして完了です。とっても簡単ですね。その間、あなたがする事はパソコンにプロバイダーの設定をするのみ。あとは何もしなくて大丈夫です。

詳しくはこちらをご覧下さい⇒私の光回線工事体験談(レビュー)

プロバイダー乗り換えの申し込み手順

ステップ1.申し込み

イメージ画像

まずは公式サイトへ行って申し込みを済ませます。⇒【SoftBank 光】
a

イメージ画像

公式サイトへ行ったら、まずは【光回線のお申込みはこちら】をクリックしてお進み下さい。電話からの申し込みはあまり推奨されません。

電話からの申し込みをおすすめしない理由

●つながらない場合がある

●漢字などを言葉で伝えるのが面倒

●ネットの方がスムーズ

【光回線のお申込みはこちら】をクリックすると、申し込みフォームが立ち上がりますので、必要事項を記入。立ち合い工事の予約もここで記入しておきます。

ソフトバンク光のサイトなら、家電量販店よりも高いキャッシュバックやその他違約金負担還元、工事費キャッシュバックなどよりお得です。最大で15万円もお得になります。

ステップ2.回線工事

イメージ画像

ここでは回線工事の予約をして回線工事を済ませます。早くて30分。長くても2時間です。立会人は必要ですが、自宅でくつろいでいれば大丈夫。

ステップ3.プロバイダー設定

イメージ画像

ここでは各種設定作業をやります。特に大切なのはプロバイダーの設定です。パソコンに「ID」と「パスワード」を設定しましょう。なお、v6プラスなら設定不要です。ただし、専用の無線LANルーターが必要です。

ステップ4.開通

回線工事も終わり、プロバイダーの設定が済めば開通です。思う存分楽しんで下さい。

詳しくはこちらをご覧下さい⇒プロバイダー乗り換えの手順

体験者が語るプロバイダー乗り換えの注意点

メールアドレスが変わる

今はSNSが流行っていて、メールアドレスを利用する人も少なくなったとは言え、プロバイダーから貰ってるメールアドレスが変わる事は事実です。そのための影響というとメール全盛期に比べると被害は少なくなったかも知れませんが、それでも今でもメールを活用してる人もいます。

クレジットカードの契約や様々なサービスを受ける時にメールアドレスを記載するかと思いますが、プロバイダーが変わると以前まで使ってたメールアドレスが急に使えなくなるので注意が必要です。

違約金が発生する

プロバイダーを乗り換える際に縛りが発生するキャンペーンを利用してしまった場合、縛りを破り乗り換えると違約金が発生してしまいます。この縛りですが、最初に乗り換える際に2年間の契約でや3年間の契約などという条件で申し込んだかと思います。

違約金を発生させないためには、2年間の縛りなら25ヶ月目、26ヶ月目の辺りで乗り換えると違約金は発生しません。この場合は自動更新される場合です。もし更新されないで使い切りなら2年以上の使い切りで違約金は発生しません。

工事費、撤去費用が必要になる

フレッツ光のプロバイダーのみ乗り換えの場合や光コラボレーションの他社プロバイダーへ転用する場合などは工事は不要ですが、それ以外の場合は回線を変えることになるので工事が必要になります。

ただ単に工事が発生するだけならいいのですが、高額の工事費が必要になります。数万円規模のお金が必要となります。この出費はかなり痛い出費になりそうです。

フレッツ光:15,000円~18,000円

光コラボレーション:15,000円~18,000円

ドコモ光:15,000円~18,000円

auひかり:30,000円~37,500円

NURO光:40,000円

ただし、工事費を分割にし、月額料金と一緒に支払う形にする場合もあり、その場合は痛みも和らぐでしょう。例えば、auひかりの場合は60ヶ月で毎月625円支払う形になります。実質無料となってますが、実際には支払う形ですので誤解しないように。

事務手数料が必要

フレッツ光のプロバイダーのみ乗り換えや、光コラボレーションのプロバイダーの転用など無料で乗り換えが出来るイメージですが、実際にはお金が必要です。それは事務手数料です。

プロバイダー名 事務手数料
DTI光 ●800円
OCN光 ●3,000円
So-net光 ●3,000円
So-net auひかり ●3,000円
NURO光 ●3,000円
ソフトバンク光 ●3,000円
nifty光 ●2,000円
ビッグローブ光 ●3,000円
エキサイト光 ●新規1,000円
●転用2,000円

ポイントの消滅

ポイント制度のあるプロバイダーから乗り換えの場合、ポイントが消滅してしまうので注意が必要です。大切にコツコツと貯めてたポイントがプロバイダーを乗り換えた途端に消滅してしまいます。この悲しみは体験者でなければわからないでしょう。

もし、ポイントのあるプロバイダーから乗り換えの際には使い切ることをお勧めします。例えば、商品券に交換するなどすれば、その後も貯めたポイントが生きてきますのでお勧めです。

回線が変わる

フレッツ光のプロバイダーのみ乗り換えや光コラボレーションのプロバイダー転用の場合は、回線がフレッツ光ですのでそれほど大きくプロバイダーのみを乗り換えただけでは回線速度が変わることはありません。但し、環境の変化などがあった場合は変わることもあります。

回線ごと乗り換えた場合は、大きく回線速度が変わることがあります。例えば、OCN光からNURO光へ乗り換えた場合は、OCN光の回線速度は1Gbpsですが、NURO光の回線速度は2Gbpsと違います。また、最近では10Gbpsの回線速度をもつプランも出て来てます。

料金が変わる

プロバイダーを乗り換えると月額料金が変わります。各社プロバイダーにより料金設定は違いがありますので注意が必要です。特に安いプロバイダーから他社へ乗り換えた場合は、高くなることが予想されますので注意しましょう。

キャンペーンなどを利用して乗り換えた場合、割引キャンペーンの場合は縛りが発生したりして注意しなければなりません。安いプロバイダーへ乗り換えたからと言って油断は禁物です。

プロバイダー乗り換えに関する疑問に解答

Q.支払い方法について教えて下さい

支払い方法には3種類の方法があるようです。1.クレジットカード 2.口座振替 3.〇〇請求の3つです。

プロバイダー名 支払い方法
DTI光 ●クレジットカード
●口座振替
OCN光 ●クレジットカード
●口座振替
So-net光 ●クレジットカード
●口座振替
So-net auひかり ●クレジットカード
●口座振替
KDDI請求
NURO光 ●クレジットカード
●口座振替
ソフトバンク光 ●クレジットカード
●口座振替
●ソフトバンク請求
Yahoo!ウオレット請求
nifty光 ●クレジットカード
●口座振替
KDDI請求
ビッグローブ光 ●クレジットカード
●口座振替
●KDDI請求
NTT請求
エキサイト光 ●クレジットカード
●口座振替
●NTT請求
GMOとくとくBB ●クレジットカード
●口座振替
ドコモ光 ●クレジットカード
●口座振替

クレジットカードは使えるが、デビットカードは使えないということです。最近の風潮としてキャッシュレス化が進んでいるが、クレジットカードのみ採用されてる形です。

クレジットはローンを組むこともあり敬遠したい方も多いと思います。そこでデビットカードを使いたいところですが、どのプロバイダーも使えないので口座振替にしておきましょう。

Q.クーリングオフしたいのですが出来ますか?

残念ですが、プロバイダーの契約ではクーリングオフが出来ません。但し、2016年5月21日より施行された【初期契約解除制度】が電気通信事業法により改正され使えるようになりました。

初期契約解除制度は、8日以内なら解除出来るようになったわけです。実際にどのようにすればよいか説明します。

【初期契約解除制度の利用手順】

1.初期契約解除について書かれた書面を受け取る

2.氏名、住所、契約サービス名、初期契約解除を利用したいと書いて送り返す

3.以上で完了です。

プロバイダーと契約をしたら、必ずプロバイダーから1週間ほどで契約書のようなものが送られてきます。そこに【初期契約解除】について書かれてるところがあると思いますので、氏名、住所、契約サービス名と契約解除をりようしたいと記して送り返して下さい。但し、受け取ってから8日以内がタイムリミットです。

Q.回線工事は必要なのですか?

A.回線工事は必要な場合と必要としない場合があります。NTTフレッツ光内でのプロバイダーのみの乗り換えの場合は、回線工事は必要ありません。

但し、その場合でも無料でプロバイダー乗り換えは出来ません。事務手数料として3,000円が必要となるので注意が必要です。

回線工事が必要な場合は、光回線サービスの新規導入の場合です。その場合は、工事費が発生しますので注意が必要です。

フレッツ光:15,000円~18,000円

光コラボレーション:15,000円~18,000円

ドコモ光:15,000円~18,000円

auひかり:30,000円~37,500円

NURO光:40,000円

Q.光回線の工事で光ケーブルを宅内に引き込む時に穴を新たに開けたりしますか?!

A.光回線の開通工事は、その光回線会社によって方法が変わります。でも、大雑把に言うと宅内工事で穴を新たに開けることは極めて少ないと考えるべきでしょう。NURO光の場合は、宅内工事と屋外工事の2回に分けて工事をされます。

まとめ

回線工事にはNTTフレッツ光内の場合のプロバイダーのみ乗り換えの場合は必要がありませんが、フレッツ光以外の回線の場合は工事が必要となります。その際には撤去工事も必要となり手間がかかります。もちろん時間も2週間~3週間はかかります。

工事は立会人が必要で、壁に穴をあける事もあります。その場合は、立会人に事前に相談の上行われます。また、電柱から伸ばしてきた光ケーブルを自宅の壁に取り付ける際にビス止めをする事になります。事前に説明などが無い場合があります。

Q.回線速度プランには違いがありますか?!

プロバイダー名 速度プラン
auひかり 10ギガ
5ギガ
1ギガ
NURO光 10ギガ
6ギガ
2ギガ
OCN光
ソフトバンク光
So-net光
1ギガ

回線によって速度プランが違います。同じ回線なら速度プランに違いはありません。今現在で最大は10ギガのNURO光とauひかりになります。但し、1ギガもあれば殆どの家庭で満足いく速度となります。

Q.無線LANルーターってどれでも同じなの?!

無線LANルーターには規格があり回線速度に合ったルーターを選ぶ必要があります。

無線LAN規格 対応速度
IEEE802.11ac 6.9ギガ
IEEE802.11n 300メガ
IEEE802.11a 54メガ
IEEE802.11g 54メガ

上記のようにそれぞれの速度に合った無線LANルーターを選ぶ必要があります。今なら【11ac】を選ぶと無難です。

LANケーブルはどれでも同じなの?!

LANケーブルの規格

上に行くほど速い

CAT8 対応速度40ギガ

CAT7A 対応速度10ギガ

CAT7 対応通信速度10ギガ

CAT6A(6e) 対応通信速度10ギガ

CAT6 対応通信速度1ギガ

CAT5e 対応通信速度1ギガ

CAT5 対応速度100メガ

下に行くほど遅い

LANケーブルには規格があります。回線速度のプランに合わせて選ぶ必要があります。1ギガのプランなら【CAT5e】以上が必要です。10ギガのプランなら【CAT7】以上が必要です。

Q.プロバイダー乗り換えの手順や設定方法などを教えて下さい。

A.プロバイダー乗り換え手順については、このページの最初の部分で紹介してます。参考にしてみて下さい。プロバイダー設定方法については別ページにて紹介してます。こちら⇒プロバイダー設定方法(Windows10にて)

Q.プロバイダーを乗り換えるとメールアドレスは変わるの?

A.プロバイダーを乗り換えるとメールアドレスは変わります。それは普段から使ってるメールアドレスがプロバイダーから割り当てられたメールアドレスの場合です。

普段からヤフーなどのフリーメールを使ってる場合は、プロバイダーを乗り換えても影響はないものと思われます。また、プロバイダーにはメールアドレスを残す方法というものも提供されています。

但し、普段からプロバイダー乗り換えを繰り返す方は、この方法はお勧めできません。なぜなら、少額ながらお金が毎月発生するからです。それにセキュリティの事も考えると、お金が益々必要になるかと思います。

OCN光:バリュープラン 250円

So-net光:モバイルコース 200円

DTI光:Ubicプラン 200円

GMOとくとくBB:フレッツ・ISDN接続サービス 430円

BB.excite:BB.exciteメール 380円

BIGLOBE:ベーシックコース 200円

なお、Yahoo!BBの場合は残す方法はありません。「フリーメール」の「@yahoo.co.jp」に変わってしまいます。楽天ブロードバンドに関しては不明となっています。

auひかりやドコモ光、光コラボレーションなど回線が変わってもプロバイダーのメールアドレスを残す方法は変わりません。

まとめ

プロバイダーを乗り換えても残す方法はありますので、安心して最小の方法で契約して頂くことで今まで通りにメールアドレスは使えます。

但し、この方法は最初のプロバイダーメールアドレスを引き継ぐ方法です。乗り換える度にメールアドレスを残す方法をするものではありません。

いつも使うメールアドレスは、一つと決めておきその後プロバイダーの乗り換えを繰り返しても、最初のメールアドレスを使い続ける事で維持されていきます。

Q.プロバイダーの支払いでデビットカードは使えますか?!

A.多くのプロバイダーの支払い方法は主に2つがあります1つが「クレジットカード」での支払い。もう1つが「口座振替」です。残念ながら、デビットカードでの支払いに対応してるプロバイダーはありません。

まとめ

プロバイダーの支払い方法には「クレジットカード」払いと「口座振替」払いの2つがあるという事です。デビットカード払いは今のところ大手プロバイダーでは採用をしてはいません。お得な方といえば「クレジットカード」払いです。なぜなら、ポイントが貯まって口座振替にないお得感があるからです。

但し、お金の管理をしっかりしたいしっかりさんには「口座振替」払いがおすすめです。使い過ぎる心配もないですし、お金の管理が容易で家計簿も付けやすいです。

Q.プロバイダーを乗り換えると違約金がかかるって本当?!

A.プロバイダー乗り換えをすると違約金がかかる場合とかからない場合があります。どんな場合でも違約金が絶対にかかるという事はありません。 

OCN光:2年更新型割引利用で、11,000円違約金

So-net光:3年自動更新型加入で、20,000円違約金

ソフトバンク光:5年自動更新型加入で、15,000円違約金

ソフトバンク光:2年自動更新型加入で、9,500円違約金

auひかり:3年ずっとギガ得プラン加入で、15,000円違約金

auひかり:2年ずっとギガ得プラン加入で、9,500円違約金

ドコモ光:一戸建て2年定期契約で、13,000円違約金

ドコモ光:マンション2年定期契約で、8,000円違約金

ビッグローブ光:3年プランで、20,000円違約金

ビッグローブ光:2年プランで、9,500円違約金

@nifty光:3年プランで、20,000円違約金

@nifty光:2年プランで、9,500円違約金

NURO光:NURO光G2V契約で、9,500円違約金

以上の様に、プロバイダー自体には違約金は発生しません。キャンペーンや契約内容により違約金が発生しますので注意が必要です。特に、何年プランや何年自動更新プランなど年縛りで契約してる場合は違約金が発生しますので注意しましょう。/p>

まとめ

プロバイダーの違約金は、高額になると20,000円もかかる場合があります。ですから、安易な契約は命取りになるかも知れませんね。特に年縛りなどの契約は違約金が発生する事確実なので、最初にどれほど違約金が発生するのか注意しておきましょう。

プロバイダー乗り換えおすすめ関連ページ

イメージ画像

プロバイダー乗り換えとは

プロバイダー乗り換えの手順

プロバイダー乗り換えの様々な方法を紹介します。大まかに3つのパターンがあります。

プロバイダー乗り換えの注意点

プロバイダー乗り換えのメリット

プロバイダー乗り換えのデメリット

安いプロバイダーに乗り換えよう!

ネット対戦型ゲームをしたいからプロバイダー乗り換え!

PS4のシェアプレイ機能を使ってオンラインゲームが楽しみたい方のプロバイダー乗り換え”>

私の光回線体験談(レビュー)

私の光回線工事体験談(レビュー)

私のOCN乗り換え体験談(レビュー)

OCN光v6アルファ体験談(レビュー)IPv6プラス(IPoE)接続を試してみた

プロバイダー乗り換え後の、Windows10パソコンへのプロバイダー設定方法を紹介。パソコン初心者でもわかる!

プロバイダー乗り換え後の、無線LANルーター設定方法について/パソコン初心者へ向けて