ソフトバンク光

●ソフトバンク光へプロバイダー乗り換え!しよう

ソフトバンク光

①ホーム月額基本料金5,200円

②マンション月額基本料金3,800円

<キャンペーン>

おうち割光セット

20,000円キャッシュバック

乗り換え新規でキャッシュバック

【東日本】ADSL限定光回線工事費無料

ソフトバンク光口コミ・評判・体験談

ダミー画像

送られてきたのは光BBユニットですよね。ソフトバンク光の場合ですが光ユニットがなくても使えてしまうのです・・・この続きはこちらへ

ダミー画像

スマート値引きの適用条件は、光BBユニットやWi-Fiマルチパックなども契約し利用料金を支払う事となってます・・・この続きはこちらへ

ダミー画像

ソフトバンク光に変更するためにはNTT東西に連絡して転用承諾番号というものを出してもらいます。転用承諾番号を出してもらってから15日以内に工事をする・・・この続きはこちらへ

ダミー画像

ソフトバンク光への変更ではなくて、従来の回線契約とは違い転用と言うものになります。転用申請を行いますと、回線の課金管理がNTTからソフトバンクに移管されますので解約ではなく違約金は発生しません・・・この続きはこちらへ

ソフトバンク光・回線について口コミ・評判

ダミー画像

回線が速いか遅いかは地域、契約するプランによりますね。基本的にソフトバンク光はフレッツ光なので変わりませんが・・・この続きはこちらへ

ダミー画像

ソフトバンクは独自の光回線を保有していないのでNTTのフレッツ光回線を利用したサービスとなります・・・この続きはこちらへ

ソフトバンク光・サポートについて口コミ・評判

ダミー画像

今現在、光転用に関する問い合わせが多くなってるために、単純に電話回線が込み合ってるために繋がりにくいのでしょうね・・・この続きはこちらへ

ソフトバンク光・その他の口コミ・評判

ダミー画像

ホワイト光電話サービスの番号は、0AB形式の一般固定電話と同じ体系の番号が割り振られます・・・この続きはこちらへ

ダミー画像

ソフトバンクで割り当てられる光回線とNTTフレッツ光の光回線は違います。NTT以外の会社で共有して使う光回線の中で通信するので・・・この続きはこちらへ

ダミー画像

ソフトバンク光とJCOMでは全くものが違います。ソフトバンク光は戸建タイプを電柱からずるずる引き込む工事になります・・・この続きはこちらへ

ソフトバンク光のここがすごい

2015年3月1日からサービスがスタートする「ソフトバンク光」。

ソフトバンクケータイのユーザーからはもちろん、月額利用料金の安さからその他の様々なユーザーからの口コミでも注目を浴びています。

そんな注目のソフトバンク光のキャッチコピーといえば、「超高速おうちインターネット、はじまる。」というものです。

もちろん光回線は速さが売りなので、高速なのは当然としまして。一体どのぐらい早いのか、気になるところですよね。まずそのソフトバンク光の通信速度ですが、ソフトバンクによると下りで「最大概ね1Gbps」との事です。

これがどれだけすごいのか、いまいちピンと来ない人のために説明しますと、「技術規格上の最大速度」なのであります。すなわち、現代技術の最大の速さであるということです。

実際には利用環境や回線状況等によって低下する場合があるので、常に1Gbpsは保てないにしろ、正しくキャッチコピーどおりの超高速インターネットの世界を実現してくれるでしょう。

1Gbpsがどれほどの速さなのかというと、「1秒間で1GB(1000MB)のデータ量を送受信できる」といえばその速さがおわかりになるでしょうか。

ちなみに一般のADSLの通信速度が最大50Mbps程度。1秒間で50MBのデータ量を送受信できる速さ、ということになりますので、ソフトバンク光は単純計算でもADSLの20倍の速さ、ということになります。

もっとわかりやすい例で言えばyoutubeです。仮にyoutubeで約5分の動画を見ようとしたとします。解像度なんかにもよりますが、おおむね40~50MBぐらいでしょうか。

これをソフトバンク光は0.32秒ほどでダウンロードしてしまうのですね。もちろん多少の通信速度低下は考えられるのでもう少し時間がかかるのは間違いないですが、1Gbpsの速さがとんでもない事はわかっていただけたと思います。

そして特筆すべきは利用料金の安さです。ソフトバンクケータイをお持ちであれば、ケータイの月額料金が2,000円も割引されるのです。ということは実質1,800円でこの速度のインターネットを楽しめるということになります。

動画をよく見る方や仕事で大きなデータの送受信を行う方には是非おすすめしたいですね。現在、事前申し込みを受け付けているようなので、是非検討してみてはいかがでしょうか。



a