プロバイダー乗り換えで生じるデメリット

6

プロバイダー乗り換えで受けられる特典はいろいろあります。高額なキャッシュバックや最新のタブレットなどをプレゼントしてもらえるケースもあり、プロバイダー乗り換えにはお得なイメージが強いです。

しかし、プロバイダー乗り換えにはいくつかデメリットもあります。プロバイダー乗り換えのデメリットを知って、思わぬトラブルに遭わないようにしましょう。

まず注意したいのがプロバイダーを解約すると発生する解約金です。解約金を設定していないプロバイダーもありますが、多くのプロバイダーでは契約期間内に解約をすると10,000円以内の解約金を請求することにしています。解約金が相場よりもっと高い業者もあるので要注意です。

プロバイダー乗り換えで特典が付与されるのはうれしいですが、解約金によってはかえって赤字になってしまいます。

さらに、自動更新の契約では解約できる月が決まっていることも多いです。あらかじめ約束をした数年間という期間が過ぎた後でも、更新月までに解約をしなければ新しい契約が始まってしまいます。

お目当てのプロバイダーに乗り換えるつもりでも解約金や予定していた月までの月額料金を請求されることもありますので、更新月はよくチェックしておきたいところです。

かえって品質が悪化する場合も……

プロバイダーを乗り換えることによって生じるデメリットは他にもあります。

インターネット上の口コミを見ると、プロバイダーを変更したためにプロバイダー乗り換えの前よりも通信速度が下がってしまったという声がよく見られます。

よかれと思ってプロバイダー乗り換えをした結果、通信速度が落ちてインターネット中にストレスを感じることが増えてしまったのです。

インターネットの速度が落ちる原因はさまざまです。例を挙げるとそれまで契約していたマイナーなプロバイダーから加入者数の多い人気のプロバイダーに乗り換えた場合、速度低下することがあります。

というのも、加入者数の多いプロバイダーはインターネット回線が混雑しやすいのです。

一般的な人がインターネットをする時間帯は夜間に集中しますから、加入者数の多い回線ほど込み合います。高速道路でも乗用車がたくさん乗り込んできてしまったら渋滞が発生しますよね。そういったことがインターネット回線でも起きるのです。

混雑回避のための通信方法を提供している会社もあるため一概に契約者数の多いプロバイダーほど速度低下するとはいえませんが、こうしたケースもあると知っておくと便利です。

また、知名度の低いプロバイダーに乗り換えることで生じるデメリットもあります。サポートが手薄になりやすいという点です。

頻繁に広告を出せるようなプロバイダー会社は力がありますから、従業員も多いと考えられます。逆に知名度が低いとサポートに避けるスタッフが少なくなってしまいますので、ある程度知名度のあるプロバイダーに乗り換えた方が安全かもしれません。

プロバイダー乗り換えをするならここがおすすめ!

OCN光

OCN

①ホーム月額基本料金5,100円

②マンション月額基本料金3,600円

<キャンペーン>

2年更新型割引

OCN開通とことんサポート

v6アルファパッケージ

So-net(ソネット)光

So-net

①ホーム月額基本料金3,980円

②マンション月額利用料2,980円!

<キャンペーン>

大幅割引:2,000円割引

高速Wi-Fiルーター12ヶ月無料

楽天ブロードバンド

楽天ブロードバンド

①プロバイダー料金500円

②ホーム月額基本料金6,650円~

③マンション4,250円~

<キャンペーン>

プロバイダー料金500円

ドコモ光

ドコモ光

①ホーム月額基本料金5,200円

②マンション月額基本料金4,000円

<キャンペーン>

初期工事費無料

最大15,000円キャッシュバック

最大10,000円相当dポイントプレゼント

auひかり

auひかり

①ホーム月額基本料金5,200円

②マンション月額基本料金3,800円

<キャンペーン>

3つの選べるキャンペーン

特典A:キャッシュバック+高速無線ルータープレゼント

特典B:高額キャッシュバック

特典C:Google Home+キャッシュバック

ソフトバンク光

ソフトバンク光

①ホーム月額基本料金5,200円

②マンション月額基本料金3,800円

<キャンペーン>

おうち割光セット

20,000円キャッシュバック

乗り換え新規でキャッシュバック

【東日本】ADSL限定光回線工事費無料