プロバイダー乗り換えの注意点とは?

5

プロバイダー乗り換えがインターネットのユーザーの注目を集めています。プロバイダーを乗り換えるとそれだけで様々なメリットが期待できるためです。

たとえば乗り換え先のプロバイダーがキャンペーンとして高額なキャッシュバックを用意していたり、基本料金の割引プランを提供していたりしています。

プロバイダー乗り換えさえすればそのような特典が受けられるので、お得にプロバイダーを乗り換えたいという方も多いのです。

しかし、プロバイダー乗り換えの際にはいくつかの注意点があります。これらの注意点を見逃すとかえって不自由な思いをしたり、金銭的に損をしてしまうこともありますので気をつけましょう。

注意点の例をあげます。インターネットをパソコンでする際にプロバイダーから付与されたメールアドレスを使っている方が少なくありませんが、プロバイダーを乗り換えるとメールアドレスが変更されます。

つまり、これまで使っていたメールアドレスが使えなくなるのです。プロバイダーから付与されたメールアドレスを仕事で使っている場合などは要注意です。

プロバイダーを乗り換えてもメールだけは月額数百円で使えるというコースもあります。そういったコースがないプロバイダーだと今までのメールアドレスは完全に使えなくなります。プロバイダー乗り換えで解約する前によく確認しておきましょう。

高額な解約金に注意!

プロバイダー乗り換えの際にもうひとつ注意したいのが解約金の存在です。プロバイダーと契約をすると業者によって、〇年間は同じプロバイダーを使い続けるという約束をすることになります。

「〇年縛り」と呼ばれるものです。契約期間が2年間なら2年間は解約をしないという契約です。もしその期間内にプロバイダーの乗り換えをすれば、解約金を払うケースが多いです。

解約金の相場は多くの業者で10,000円以内とされています。しかし業者によっては、より高額な解約金を請求されることもあります。

また、工事費もプロバイダー乗り換えの際に気をつけるべきポイントです。インターネット回線を開通させるときには工事が必要になります。

そのときにかかった工事費用を分割払いで支払うことで初期投資の金額を抑えられますが、工事費を支払い終わらないうちに解約すると未払いの分の工事費を請求されます。

年単位で分割して支払うなどしている場合だと思ったよりもずっと高額な工事費を解約金とまとめて一気に請求されます。

新しいプロバイダーに乗り換えるとキャッシュバックなどの魅力的な特典が受けられますが、気をつけないと元のプロバイダーから赤字になるほどの請求が来てしまいます。

プロバイダー乗り換えを検討するときは、現在のプロバイダーとの契約状況がどうなっているかを把握しておくことをおすすめします。

プロバイダー乗り換えのその他の注意点

プロバイダ乗り換えには、月額利用料がお安くなったり、お得なキャッシュバックキャンペーンがあったりと、利用者にとって良いこと尽くめのように思えます。

けれども、せっかくプロバイダを乗り換えて回線業者も変更したのに通信速度が思ったほど速くならなかったというケースもあります。また、メールアドレスが変更になってしまって不便を感じてしまう方も多いようです。そこで、プロバイダ乗り換え注意点について調べてみました。

インターネット回線が使えない期間を作らない

プロバイダを乗り換えの申し込みをしてから使えるようになるまで、多少の日数が必要になります。プロバイダによっても異なりますが、1週間前後の余裕を見ておくことが必要になります。

現在使っているプロバイダ契約を解約する際には、乗り換え先のプロバイダの使用開始可能時期を確認してから行なうようにしましょう。

毎日、インターネットを使うことが当たり前になっている人にとって、数日でもインターネットを使えない期間があるのは、ストレスを感じてしまうことがあります。

その期間無料Wi-Fiを利用することも可能ですが、セキュリティ対策の面でお勧め出来ないこともありますので、インターネット回線利用の空白期間を作らないように移行されることをお勧めします。

通信速度はルーターが重要

プロバイダを乗り換える理由として『通信速度』を上げる方はとても多く、インターネット上の動画配信サービスの増加に伴いこの傾向はますます強くなっています。

けれども、思っていたほど通信速度が上がっていないと感じている方も多くいます。どうしてこうしたことが起こってしまうのでしょうか?

実は、通信速度の性能を最大限に引き出すためには、ルーターの性能が大きく左右していますので、以下の点を確認して下さい。

  • 高速通信対応の通信規格かどうか。
  • 最大通信速度は十分かどうか。
  • 電波強度が足りているかどうか。

どれか一つが欠けているとしたら、本来の通信速度で通信することは難しいと思われますので、最新のルーターを用意されることをお勧めします。

メールアドレスの変更

プロバイダを変更すると、これまで使っていたメールアドレスを使うことが出来なくなってしまいます。

知人や友人へのメールアドレス変更通知を行なったり、会員登録のメールアドレスを変更したりすることが面倒なので、同じメールアドレスを使いたいと思っている方も多いのではないでしょうか?

同じメールアドレスを使いたいと思っている方は、現在のプロバイダとの契約を解約しないで月額¥200~¥400でメールアドレスのみを使うことが出来る契約をすれば、そのまま使うことが出来ます。

プロバイダの乗り換えはストレスなく行ないたいものです。スムーズな乗り換えのために今回ご紹介したプロバイダ乗り換え注意点を参考にしてみて下さい。

プロバイダー乗り換えをするならここがおすすめ!

OCN光

OCN

①ホーム月額基本料金5,100円

②マンション月額基本料金3,600円

<キャンペーン>

2年更新型割引

OCN開通とことんサポート

v6アルファパッケージ

So-net(ソネット)光

So-net

①ホーム月額基本料金3,980円

②マンション月額利用料2,980円!

<キャンペーン>

大幅割引:2,000円割引

高速Wi-Fiルーター12ヶ月無料

楽天ブロードバンド

楽天ブロードバンド

①プロバイダー料金500円

②ホーム月額基本料金6,650円~

③マンション4,250円~

<キャンペーン>

プロバイダー料金500円

ドコモ光

ドコモ光

①ホーム月額基本料金5,200円

②マンション月額基本料金4,000円

<キャンペーン>

初期工事費無料

最大15,000円キャッシュバック

最大10,000円相当dポイントプレゼント

auひかり

auひかり

①ホーム月額基本料金5,200円

②マンション月額基本料金3,800円

<キャンペーン>

3つの選べるキャンペーン

特典A:キャッシュバック+高速無線ルータープレゼント

特典B:高額キャッシュバック

特典C:Google Home+キャッシュバック

ソフトバンク光

ソフトバンク光

①ホーム月額基本料金5,200円

②マンション月額基本料金3,800円

<キャンペーン>

おうち割光セット

20,000円キャッシュバック

乗り換え新規でキャッシュバック

【東日本】ADSL限定光回線工事費無料