ドコモ光とは?

「ドコモ光」、この単語をCMなどでなんとなく聞いて知っている、そんな方が多いはずです。名前にある「光」というのは、主に光ファイバーを指しますね。つまりざっくり言えば、NTTが運営する高速固定回線のドコモ仕様という事になります。ドコモ光は、ドコモ商品であるスマホや携帯電話とセットで売り出されることが目立ちます。今回はそういうことなども含め、もう少し詳しく「ドコモ光」を紹介していきます。

○ドコモ光って?

ドコモ光は、ドコモショップを介してNTTの光回線を利用できるサービスの事を指します。魅力は何と言っても、通信が安定している事でしょう。最大1Gbpsの通信速度ゆえ、ストレスなく固定回線で通信を利用する事ができます。

ドコモ光の月額利用料は、基本的に戸建てかマンションかによって少々異なります。どちらも相場と同程度、もしくはやや割高といった具合です。加えて言うと、工事費用というモノにもお金が掛かります。新規申し込みであれば、戸建てで18000円、マンションで15000円徴収されます。結局、他社と比べて劇的に安い、という訳ではないようです。しかしネットを安定した状態で使用したい、という方には、やはりドコモ光をオススメします。

基本料金

ここでは、もう少し詳しく料金について紹介していこうと思います。ドコモ光は、「ドコモ光パック」という形でスマホや携帯電話と一緒に契約するとお得です。そういったセットプランがいくつかドコモの方では組まれています。それぞれのセットプランの違いは、主にデータ通信料の多さです。多ければ多いほど、基本的にはお得になります。

またシェアプランというモノもあり、家族で一緒に契約する事でお得になります。つまり、家族やヘビーユーザーには恩恵の多いプラン体系だと言えますね。例で言うと、二人、またはそれ以上の家族で10GB以上をシェアすると、割引の対象になります。

また最近は、「ドコモ光ミニ」というサービスが開始されました。月に2700円で、データ量200MBまでなら利用可能です。ただし、このサービスが戸建て住まいの方のみ対象で、マンションタイプでは利用できないという点には注意が必要です。毎月に利用できるデータ量がそこまで多くないため、ネットというよりは電話・FAXなどを中心に利用を考えている人に向いているように感じます。

◎まとめ

今回は「ドコモ光」というよく聞くフレーズについて解説してきました。基本的に、ドコモ光はドコモの光回線である事は分かっていただけたはずです。料金やデータ量、セット割などは、ネットで調べるのも良いですが、ドコモショップに行って、直接訪ねてみるのもアリです。あまり、この記事で理解できなかったことは、ドコモショップで解決してもらってください。

ドコモ光の乗り換え方法。手順など

ドコモ光の中でなら、プロバイダーのみを乗り換える事が可能です。

乗り換えるための手順ですが、インターネットから申し込む事が出来ません。ドコモ光では、docomoのショップか、インフォメーションセンターでの手続きとなります。

近くのdocomoショップで受付されています。そこで申し込む事で工事は必要なくプロバイダーのみの乗り換えなので、事務手続きで済みます。

料金としては、事務手数料3000円が必要となりますので、注意が必要です。但し、工事をする事もなく簡単に手続きが終わります。

docomoショップへ行かれる場合は、事前に来店予約を済まされると良いかと思います。⇒docomoで申し込み

店舗へ行くのは時間がない、面倒くさいと思われてる方は電話で済ませる事が出来るインフォメーションセンターが良いかと思います。但し、混み合う事も予想されますので、少々の時間の余裕を持たれた時にされるといいと思います。

  • docomoショップ各店舗:各店舗の営業時間内にて受付
  • インフォメーションセンター:電話受付時間は午前9時~午後8時までの間で受付

以上の要領で受付されています。docomoのケイタイやスマホを契約されてる方は特に必要なものはありません。docomo以外の方は、プロバイダー情報などが書かれた書類などを用意しておくと良いと思います。

公式サイトへ→GMOとくとくBBのドコモ光

a

ドコモ光プロバイダー乗り換えの注意点とは

注意点1:費用がかかる

ドコモ光のプロバイダーのみを乗り換える際の注意点としては、お金が必要と言う事です。プロバイダーのみなので、工事費は必要ありませんが、その他のお金が必要になります。

プロバイダーのみを乗り換える事で発生する「事務手数料」です。料金としては3000円が必要になります。

また、他社から乗り換えた際に発生するものとして「違約金」です。例としてGMOとくとくBBの場合は、10,000円の違約金が発生しますので注意しましょう。

注意点2:インターネットが出来ない期間が発生

プロバイダーを乗り換えても、それで終わりではありません。インターネットにつながらない期間が発生する場合があります。その辺は、プロバイダーに相談されると良いかと思います。

でも、インターネットの出来ない期間を作る事は可能です。まずは、プロバイダーを乗り換えて設定をします。インターネットにつながる事を確認後、以前のプロバイダーを解約してください。

これでインターネットがつながらない期間をなくす事が出来ます。良いインターネットライフを楽しんで下さい。

注意点3:メールアドレスが変わってしまう

プロバイダー毎に、メールアドレスが配布されていますが、それぞれドメインが異なるために、プロバイダーを乗り換えるとメールアドレスが変わってしまいます。

メールアドレスが変わると、仕事や交友関係で支障をきたす事となります。当然、メールアドレスが変わった旨の連絡を事前にされておくと良いかと思います。

その場合は、一斉送信で同じ文面で、メールアドレスが変わる事を連絡しておきます。そして、メールアドレスが変わってからも、挨拶として一斉送信で送られると良いかと思います。

しかし、こんな事面倒くさいと思う方は、乗り換える前にメールアドレスのみを使える最小の契約をしておく事で解消されるかと思います。そうする事で、メールアドレスを残す事が出来ます。

公式サイトへ→GMOとくとくBBのドコモ光

a

プロバイダー乗り換えナビ

プロバイダー乗り換えに関する疑問や選び方などを紹介! キャッシュバックでプロバイダーを乗り換えろ! プロバイダー乗り換えナビ

サブコンテンツ

このページの先頭へ