プロバイダーのみを乗り換える

1

プロバイダー乗り換えとは、そもそもNTT東日本、NTT西日本のフレッツ光で行われているプロバイダーのみを乗り換えるところから、プロバイダー乗り換えが始まりました。

 

NTTのフレッツ光では、セットでサービスをする事がありません。そのために、NTTフレッツ光ではNTTがプロバイダーサービスをする事がないのです。

 

NTTの独占法にも関係してきますが、フレッツ光ではプロバイダーをNTT以外の会社がサービスする事で、プロバイダーのみを乗り換える事が可能となっています。

 

プロバイダーのみを乗り換えると、プロバイダー料金とNTTフレッツ光回線を別々の会社に支払うことになります。そのため面倒だと思われていましたね。

 

同じ回線同士での乗り換え

例えば、光コラボレーションというものがあります。NTTフレッツ光を転用して、光コラボレーション会社がプロバイダーと回線をセットでサービスするものです。

 

光コラボレーションで、プロバイダーの乗り換えは同じ回線でありながら、別会社とみなされるので、回線ごとの乗り換えとなります。

 

そのために、プロバイダー申し込み⇒回線の撤去⇒乗り換え先の回線工事⇒プロバイダー設定となり同じ光コラボレーション同士でも光回線の撤去と新規工事が必要となります。

 

ですから、プロバイダーのみの乗り換えとは違いちょっと面倒なことになります。

 

他社での光回線の乗り換え

これは例えば、auひかりから光コラボレーションでのプロバイダー乗り換えを言います。この場合は、完全に撤去工事をやってから、新規の回線工事が必要となります。

 

同じ光回線なのに、なぜ撤去をしなければならないのか。なぜ回線工事を繰り返すのかは、スマホを乗り換えるのと同じで、同じスマホなのに回線工事はしませんが、スマホを使えるように作業をしなければなりませんよね。

 

回線が別会社な上にプロバイダーまで違うなら、プロバイダーの設定をやり直さないといけませんし、回線の工事もやり直さないといけません。

 

まとめ

方法には3つありました。「プロバイダーのみを乗り換える」「同じ回線同士で乗り換える」「他社での光回線の乗り換え」ですが、それぞれどういうものか理解した上で乗り換えを行ってください。

 

Q.回線工事は必要なのですか?

A.回線工事は必要な場合と必要としない場合があります。NTTフレッツ光内でのプロバイダー乗り換えの場合は、回線工事は必要ありません。

 

但し、その場合でも無料でプロバイダー乗り換えは出来ません。事務手数料として3,000円が必要となるので注意が必要です。

 

回線工事が必要な場合は、光回線サービスの新規導入の場合です。その場合は、工事費が発生しますので注意が必要です。

 

フレッツ光:15,000円~18,000円

 

光コラボレーション:15,000円~18,000円

 

ドコモ光:15,000円~18,000円

 

auひかり:30,000円~37,500円

 

NURO光:40,000円

 

まとめ

回線工事にはNTTフレッツ光内の場合のプロバイダーのみ乗り換えの場合は必要がありませんが、フレッツ光以外の回線の場合は工事が必要となります。

 

Q.プロバイダーを乗り換えるとメールアドレスは変わるの?

A.プロバイダーを乗り換えるとメールアドレスは変わります。それは普段から使ってるメールアドレスがプロバイダーから割り当てられたメールアドレスの場合です。

 

普段からヤフーなどのフリーメールを使ってる場合は、プロバイダーを乗り換えても影響はないものと思われます。また、プロバイダーにはメールアドレスを残す方法というものも提供されています。

 

但し、普段からプロバイダー乗り換えを繰り返す方は、この方法はお勧めできません。なぜなら、少額ながらお金が毎月発生するからです。それにセキュリティの事も考えると、お金が益々必要になるかと思います。

 

OCN光:バリュープラン 250円

 

So-net光:モバイルコース 200円

 

DTI光:Ubicプラン 200円

 

GMOとくとくBB:フレッツ・ISDN接続サービス 430円

 

BB.excite:BB.exciteメール 380円

 

BIGLOBE:ベーシックコース 200円

 

なお、Yahoo!BBの場合は残す方法はありません。「フリーメール」の「@yahoo.co.jp」に変わってしまいます。楽天ブロードバンドに関しては不明となっています。

 

auひかりやドコモ光、光コラボレーションなど回線が変わってもプロバイダーのメールアドレスを残す方法は変わりません。

 

まとめ

プロバイダーを乗り換えても残す方法はありますので、安心して最小の方法で契約して頂くことで今まで通りにメールアドレスは使えます。

 

但し、この方法は最初のプロバイダーメールアドレスを引き継ぐ方法です。乗り換える度にメールアドレスを残す方法をするものではありません。

 

いつも使うメールアドレスは、一つと決めておきその後プロバイダーの乗り換えを繰り返しても、最初のメールアドレスを使い続ける事で維持されていきます。

 

Q.プロバイダー乗り換えの手順や設定方法などを教えて下さい。

A.プロバイダー乗り換えの手順やプロバイダーを端末に設定する方法については順次紹介していきます。下記へ読み進めて下さい。

プロバイダー乗り換えをするならここがおすすめ!

OCN光

OCN

①ホーム月額基本料金5,100円

②マンション月額基本料金3,600円

<キャンペーン>

2年更新型割引

OCN開通とことんサポート

v6アルファパッケージ

So-net(ソネット)光

So-net

①ホーム月額基本料金3,980円

②マンション月額利用料2,980円!

<キャンペーン>

大幅割引:2,000円割引

高速Wi-Fiルーター12ヶ月無料

楽天ブロードバンド

楽天ブロードバンド

①プロバイダー料金500円

②ホーム月額基本料金6,650円~

③マンション4,250円~

<キャンペーン>

プロバイダー料金500円

ドコモ光

ドコモ光

①ホーム月額基本料金5,200円

②マンション月額基本料金4,000円

<キャンペーン>

初期工事費無料

最大15,000円キャッシュバック

最大10,000円相当dポイントプレゼント

auひかり

auひかり

①ホーム月額基本料金5,200円

②マンション月額基本料金3,800円

<キャンペーン>

3つの選べるキャンペーン

特典A:キャッシュバック+高速無線ルータープレゼント

特典B:高額キャッシュバック

特典C:Google Home+キャッシュバック

ソフトバンク光

ソフトバンク光

①ホーム月額基本料金5,200円

②マンション月額基本料金3,800円

<キャンペーン>

おうち割光セット

20,000円キャッシュバック

乗り換え新規でキャッシュバック

【東日本】ADSL限定光回線工事費無料