プロバイダー乗り換え時の解約するタイミング

3

プロバイダー乗り換えで注意したいのが、解約するタイミングです。どういう事かと言いますと、解約するタイミングを間違えると違約金が発生するからなのです。

では、違約金が発生しないようにするためには、いつ解約するのがいいのでしょうか?

違約金は、何もプロバイダー側のいじめでも嫌がらせでもありません。プロバイダー側に立って考えてみると、キャンペーンで割引をしてまで契約してもらったのに、すぐにでも解約され他社へ乗り換えられるのは業績が落ちるので嫌なものです。

そこで、プロバイダーは2年間の契約を約束に割引しますよとキャンペーンで月額料金の割引をしてくれているのです。つまり、2年間の契約の途中で解約をすると約束を破ったことになり制裁の意味で違約金を支払わなければならないわけです。

プロバイダー違約金

OCN光:2年更新型割引利用で、11,000円違約金

So-net光:3年自動更新型加入で、20,000円違約金

ソフトバンク光:5年自動更新型加入で、15,000円違約金

ソフトバンク光:2年自動更新型加入で、9,500円違約金

auひかり:3年ずっとギガ得プラン加入で、15,000円違約金

auひかり:2年ずっとギガ得プラン加入で、9,500円違約金

ドコモ光:一戸建て2年定期契約で、13,000円違約金

ドコモ光:マンション2年定期契約で、8,000円違約金

ビッグローブ光:3年プランで、20,000円違約金

ビッグローブ光:2年プランで、9,500円違約金

@nifty光:3年プランで、20,000円違約金

@nifty光:2年プランで、9,500円違約金

NURO光:NURO光G2V契約で、9,500円違約金

以上のように違約金には、2年縛りだったり3年縛りだったりと契約期間が設けられています。この期間内に解約をすると違約金が発生するのです。という事は、解約するタイミングってのがわかりますよね。

解約するタイミングは2年縛りなら24ヶ月後の25ヶ月目、26ヶ月目で解約するのが望ましい。そうすれば、違約金は発生せずに解約することができるのです。これしか方法はありません。

プロバイダー乗り換えを円滑にするために、今まで使ってたプロバイダーを解約するタイミングは、縛りが終わった直後の2ヶ月間内に乗り換える事です。そうすれば、無駄に違約金を支払う必要もなく円満にプロバイダーを乗り換える事が可能です。

おすすめのプロバイダー一覧

So-net auひかり

So-net auひかり

①ホーム月額基本料金3,500円

②マンション月額基本料金2,100円


DTI光

DTI

①ホーム月額基本料金3,600円

②マンション月額基本料金2,400円

So-net(ソネット)光

So-net

①ホーム月額基本料金3,780円

②マンション月額利用料2,780円!


nifty(ニフティ)光

nifty光

①ホーム月額基本料金4,600円

②マンション月額基本料金3,480円

NURO光

NURO光

●関東、東海、近畿の方に!

①ホーム月額基本料金4,743円

②マンション月額基本料金4,743円


ぷらら光

ぷらら

①ホーム月額基本料金4,800円

②マンション月額基本料金3,600円

OCN光

OCN

①ホーム月額基本料金5,100円

②マンション月額基本料金3,600円


ソフトバンク光

ソフトバンク光

①ホーム月額基本料金実質5,200円~

②マンション月額基本料金実質3,800円~


楽天ブロードバンド

楽天ブロードバンド

①プロバイダー料金500円

②ホーム月額基本料金6,650円~

③マンション4,250円~


ドコモ光

ドコモ光

①ホーム月額基本料金5,200円

②マンション月額基本料金4,000円


auひかり

BIGLOBE

①ホーム月額基本料金5,200円

②マンション月額基本料金3,800円