OCN光口コミ・評判・体験談/夜間通信速度について

OCN光へ乗り換え

このエントリーをはてなブックマークに追加

OCN光

OCN

OCN光口コミ・評判・体験談/夜間通信速度について

光プロバイダー乗り換え

私は、NTT西日本フレッツ隼マンションタイプでプロバイダをOCNとしています。

家のアパートは12戸でPCを使っているのが3戸・ひかりTV3戸ですので、そんなに遅くはありません。


端末が関係しているのは事実です。

例えばPCの場合だと「有線」で昼間は80Mbps前後で夜間は30Mbps程度です。

ドコモF-06Eでは昼間は120Mbps前後で夜間は80Mbps程度です。

ドコモd-01Gタブレット昼間は36Mbps前後で夜間は28Mbps程度です。


PCの無線規格は「a/ac」ではありませんので有線で繋いでいます。

F-06Eの無線規格は「a/ac」規格なので速度に表れています。

d-01Gの無線規格は「a」のみ対応ですので少し遅くなります。


また、ルータはNTTフレッツ「RT-500MI」です。

これにレンタルの無線カードを指して使っています。

当然ですが「5G/a/ac」に対応しています。


ルータを使用するうえで大切なのは。

他の家庭に設置されているルータのチャンネルとの干渉を避ける必要があります。

ルータの出力は決まっているのでWiFi測定アプリを使用し干渉していればチャンネルを切り替える必要があります。

まあ、都心部では「どうにもならない」です。

この辺りが「遅い」に繋がっていると思われます。


PCは「無線」と「有線」の切り替えが出来ますので出来るだけ有線運用が良いと思われます。


過去の質問にOCNを利用し「夜間」PCをWiFiで接続しゲームをしていて「遅い」のでプロバイダを変更するんですが。

と、ありました。

この質問からも判る通り・無知な人間の「口コミ」も混じっていますので顧客が多い「OCN」が一番・酷評される原因となっています。


また、OCNは家庭だけが使っていると勘違いする方が多いですが。

大手銀行・大手企業も使用していますので「信頼」ではOCNが一番です。

また、メアドも@マーク以降の「OCN」の部分に「企業名」を入れ替えるサービスがありますので「銀行」「企業」の特定が出来ませんので、これを知らない方々が「酷評」します。


現状・24時間365日「企業」「家庭」も使用するので。

OCNをプロバイダとしているが多い地域では「遅く」なって当然とも言えます。


それで「企業」「家庭」の二つに絞る場合で考えられるのは。

マンション等の「集合住宅」は「企業」なのか「家庭」なのかでしょう。

企業として契約していれば通信品質・速度は維持されやすい。これは管理会社やオーナーに聞いてください。


以上・様々な原因・要因が考えられ。

OCN支持派と「OCN不支持派」に分かれています。


集合住宅・団地に囲まれた「一戸建て」がOCNを選びました。

最悪なことに殆どがOCNで契約されていました。

「一戸建て」の速度は昼間で1.32Mbps・夜間で0.01Mbpsとなり。

使えないと「酷評」します。


集合住宅・団地に囲まれた「一戸建て」がOCNを選びました。

幸いなことに殆どが「KDDI・au」回線でした。

「一戸建て」の速度は昼間で300Mbps・夜間で200Mbpsとなり。

申し分ないと「支持」します。


最後に。

OCN/NTTコミュニケーションズは「今年6月1日」より。

1日30GBの容量制限を撤廃し。

部分的に「速度低下」が発生した場合・ヘビーユーザーに限り「一般的」な容量・速度制限を実施する。

ただし、部分的に「制限」はするが「速度低下」が解消されれば即時・「制限」を解除する方式に変更になります。

これにより「夜間」の平均的な速度は「維持」されると思われます。


今後のOCNに期待したいと思っています。・・・この続きはこちらへ

光プロバイダー乗り換え

今、特に問題なければなるべく変えないほうが安心なんだけどな、それぞれの環境によって回線速度大幅に低下したりすることがあるし、こればかりはやって見なければわからない。


TOPPAとかOCNはここでも速度大幅に低下したとの話もよく聞くから、変更してダメだったから元に戻したいと言っても高額な違約金が発生したりするからよく考えて。・・・この続きはこちらへ

光プロバイダー乗り換え

Wi-Fiワイヤレス接続で不安定な部分があるようですね。


対処方法:

1.AirMacをアクセスポイントとして利用するのであれば、HGWの無線カードを引っこ抜く。


2.AirMacとHGWの両方の無線LAN機能を利用するのであれば、設置位置を3m程度離して設置してみる。


3.HGWをアクセスポイントとして利用するのであれば、AirMacの無線機能を停止する。


2つの無線LAN機器が設置されているようなので電波干渉などによってワイヤレス接続に不具合が発生していることが考えられます。


> AirMacがなくてもGE-ONU PR-500MIだけでWi-Fi接続できるんでしょうか。


HGW(PR-500)+無線カード(SC-40NE「2」)の組み合わせなのでHGWだけでWi-Fiワイヤレス接続が利用可能です。


※HGWの[PPP]ランプが点灯していないと無線カードを挿入してもアクセスポイントとして利用できません。


現在のフレッツ光ネクストの契約内容が無線LAN機能も含まれているプランになっていますが、ご希望であれば無線カードを返却して無線LAN機能の含まれない契約プランに変更することも可能であると思います。


月額300円のレンタル費用が節約可能です。


※ただし、上記の無線LAN機能の無いプランに変更した場合にはレンタル機器が現在のHGW==>回線終端機能単体のBBルーター機能のない機器に変更となります。


また、高速通信をご希望の場合には、IPv6オプションの利用が可能ですが、IPv6オプションを利用するためにはHGWなどの高機能ルーターを使用することが利用条件になっています。


もういっちょ!

夜間の通信速度低下という部分では、OCNなどのいくつかのプロバイダーである地域において1Mbpsを下回るような混雑が発生しているようです。


※すべての地域ではありません。

インターネット利用者が増える時間帯に特有の現象です。


参考にしてください。・・・この続きはこちらへ

光プロバイダー乗り換え

OOCN=日本最大のプロバイダですが・・・

地域や接続環境に影響されるのです。大都市などは混雑が有る様です。

集合住宅で、マンションやアパート、社宅、レオパレスなどの場合、

同じプロバイダで集中接続「各個に分岐している」の場合などは極端に速度が落ちます。


此方、東北の大都市「仙台市」で、OCN「光ネクスト200MB」マン ション・タイプですが、プロバイダは個別契約なので、影響は受けま せん。PC使用「ネット通信」で困る程の障害など起きません。


スピードテスト「高速測定するサイト」では下り180MBを超えた時も 有りました。80MB依り落ちる「低下する」事は有りません。


従って、プロバイダを変更する以外に無いでしょう。

他のプロバイダを選ぶ時に、貴方のネット環境の詳細を伝えて、影響を受けるのか尋ねてみるべきでしょう。


建物の状況、回線の種別、集中型なのかどうか、とにかく、環境が整っていないと、速度は落ちますから。・・・この続きはこちらへ

光プロバイダー乗り換え

光回線は近隣住民との共同利用なので、通信速度の変動は常にある。


最近、夜間のみ、急に速度低下(特に、上り速度)したのであれば、 帰宅した住民が大量のメール発信やゲーム発信などを行っているのでは?


( 下りが遅い場合は、高画質・動画を視聴(受信)していることが考えられる )・・・この続きはこちらへ

サブコンテンツ
このエントリーをはてなブックマークに追加