OCN光口コミ・評判・体験談/その他

OCN光へ乗り換え

このエントリーをはてなブックマークに追加

OCN光

OCN

OCN光口コミ・評判・体験談/その他

光プロバイダー乗り換え

OCN光(光コラボ)の「OCN ひかり電話」のオプション契約を追加し、 手持ちのスマホを無線IP電話機 (AGEphoneアプリなど導入) にすれば、 NTT 光電話の子機にできる。・・・この続きはこちらへ

ダミー画像

本日家電量販店でOCN光の契約の申し込みしてきました。

OCNとのプロバイダー契約はそのまま継続されるので、gooポイントはそのまま残るみたいです。OCNのメールアドレスもそのまま継続して使えるみたいです。・・・この続きはこちらへ

ダミー画像

若干は安くなりますが1年間は3400円(マンションタイプ)ですが13ヶ月目からは3600円になります(付加サービスをまったく契約しない利用方法では)

※24ヶ月更新プランになります。25ヶ月の更新月に更新の解除をしない限り自動継続になります。で、途中解約は違約金がかかる


「転用」はNTTでもOCNでも違約金はかかりません。NTTでにねん割プランだと工事費を30ヶ月で分割支払いをしていると思いますが、転用しても工事費の分割は消えないのでOCNで継続しますが契約時に「分割継続?or一括で完済?」どちらか決めます・・・この続きはこちらへ

ダミー画像

3,400円はキャンペーン適用中の1年間だけです。

それ以降は4,700円になります。

今OCNなら1年間はちょっと安くなりますが、1年後キャンペーンが終わると結局は今とそんなに変わらない金額になります。


今、フレッツ光+OCNの組み合わせなら特に何も変わりません。

請求が二本に分かれていたとしたら、OCNに一本化されるだけです。・・・この続きはこちらへ

ダミー画像

フレッツ光(OCN) → OCN光(転用) の場合、 回線速度は殆ど同じで、PCの再設定は不要。


<メリット>

・ 月額利用料金が安くなる

・ プロバイダ(OCN)が行なっているサービスが安く適用できる


<デメリット>

・ フレッツ光の割引サービス(にねん割、 単身&かぞく応援割など)は終了

・ 光回線のままでのプロバイダのみの乗換えが不可

・ 他のプロバイダのサービス利用が難しい


「OCN光」(光コラボ)とは、 光アクセス回線の運用が NTT → プロバイダ(OCN) に変更になる事。


( NTTは、光ファイバー線の保守管理のみになる )・・・この続きはこちらへ

ダミー画像

大体の場合お得になると思いますよ。

二年縛りのプランにすれば4600円/月で工事費実質無料だからかからないし。

転用手続きだったら工事なしのそのままの回線で使えるかもしれませんが一回解約して新規で入ったほうが得じゃないでしょうか。


東西どちらのサービスかわからないのでなんともいえないですが解約金が10000円かかったとしても10か月で元がとれますし最大速度も現在の10倍になります。

手間はかかりますけどね。・・・この続きはこちらへ

ダミー画像

本当です。


NTT 「ひかり電話」は、転用(乗換え)により「OCN ひかり電話」となります。


「OCN光」(光コラボ)では「番号ポータビリティ」(同番号の移行)利用は不可。

よって、「OCN光」解約後、NTT「ひかり電話」の電話番号は継続利用不可。


(参考)

・ 「OCN ひかり電話」 転用の注意事項 (番号の継続利用 : P2) ・・・この続きはこちらへ

ダミー画像

※転用日をもって、フレッツ光メンバーズクラブで提供している各種コンテンツおよびメンバーズクラブポイントがご利用いただけなくなります。


との記載があります。・・・この続きはこちらへ

ダミー画像

フレッツ光から光コラボレーションモデルに移行する場合は電話番号を引きづけますが、そこから別の光コラボレーションモデルに移行したりフレッツ光に戻す場合は電話番号が引き継げませんので要注意です。

ですから、何があっても電話番号が変更になるのが困るというのであれば、フレッツ光を利用している今のうちにひかり電話を加入電話に戻してからインターネットだけ光コラボレーションモデルに移行するか、今のままフレッツ光を使い続けるかのどちらかになります。・・・この続きはこちらへ

ダミー画像

29日に工事を行います。

その場合、11月分が無料なんですか?12月分が無料なんですか?

開通したその当月が無料期間なので、貴方の場合には2日間無料になります。

12月分からは正規料金適用となります。


最大1ヶ月無料・・・というのは上記のような意味です。


ですから、お得に利用するためには、月初に工事が抜群ですね。


解約などのときにも同じようなことがあり、プロバイダーの料金は いつ解約しても一ヶ月間の料金が発生します。

NTTなどの回線使用料は、日割り計算となりますが、一部のオプション 料金などは一ヶ月間の料金となっています。

※いつ解約しても・・・契約内容で割引契約を行っている場合には 解約の時期によって違約金の支払いが必要な期間が定められている 場合があります。


また、光回線であれば、隼や1Gbpsなどの回線でなくても ゲームを行うには十分すぎるパフォーマンスがあります。

しかし、開通してみないと環境条件によるパフォーマンスの 低下などは分かりませんし、その状態でも回線事業者側では 異常無しとして何も対策が得られないこともあります。

これは、契約内容のベストエフォート型サービスの良くない点です。


また、都市部ではOCNのユーザー集中によるパフォーマンス低下が 発生している地域も有るようです。

会員数が多いのでそれに見合うように設備の増強も行っているはず なのですが、それが追いついていないのか夜間~深夜にかけて 速度低下などの不満が出ている地域があるようです。


もしもそのような現象で不満がありましたら、プロバイダーだけを 他社に変更することで改善される場合などもあります。


OCNのサポートは非常に丁寧で良いという評判です。


NTTの系列会社ですからね。


参考まで・・・この続きはこちらへ

ダミー画像

速度測定はBNRがよく使われるようですが、以下のUSENも使ってみてくだい。

http://www.usen.com/speedtest02/flets/speedtest.html


乗りかえるときはOCNは2年以下の解約は5千円の解約金、更に2年割を 契約していると1500円の解約金がかかるので注意。


とにかく回線が速いところを教えてください。

とりあえずは「解約金なしで解約てきるプロパイダ」でしょうね。

OCNに解約金払って乗り換えて、満足できずにまた解約金では話に ならないから。

以下のインターリンクが60日間お試しができますよ。

http://www.interlink.or.jp/taiken.html


OCNを解約せずに、設定を変えてインターリンクに接続し夜間の 重そうなときに速度を測定する。平日と週末も測ること。

OCNより早ければ、OCNを解約して解約金を払う。

インターリンクを本契約する。

インターリンクがOCNより遅い場合、OCNの設定に戻してインター リンクの解約手続きをして別のプロパイダを探す。

料金は1080円でOCNとほぼ同じ。


私はGMOBBに契約しています。マイナーなプロパイダで速度は最高下り 105M出てます。東日本のハイスピードなので、下り200Mbps。

夜間は30M程度に下がるけど、動画が止まったことはありません。

http://gmobb.jp/campaign/norikae/

キャッシュバックで、評判の悪い会社です。サポートはメールの対応 です。


但しこの会社の欠点は「半年の無料期間中に解約すると残存期間分の 料金がかかる」ということ。ファミリータイプは月760円だから、 契約してすぐ解約すると760x6=4560円(税抜き)ですが、 申し込み時にキャンペーンなし、ということを聞くとよいかも。

可能なら2か月分程度で、解約できると思います。・・・この続きはこちらへ

ダミー画像

個人的には月額やキャンペーンを度外視してOCNをおすすめしますね。


やはり、加入者数No1はだてではありませんし、サポートも丁寧で親切に対応してくれます。

それになんといってもNTTグループということでバックフォーンが他のプロバイダーと比べ物になりませんね・・・・・・この続きはこちらへ

ダミー画像

光とかADSLは、自宅から最寄りのNTT局舎までのNTT回線の話です。

NTT局舎から先はプロバイダ回線を利用します。


自宅――NTT局舎―<プロバイダ回線>―...


よって、プロバイダの選択は非常に重要です。

しかし、具体的にどのプロバイダが速いかどうかは実際に使ってみないとわかりません。

もちろん世間での評判はありますが、地域によっても違うので一概にどこが良いかは答えられません。・・・この続きはこちらへ

ダミー画像

OCN光に転用した方が安くなります。

転用のお客様対象のキャンペーンもやっているようですので 転用してもいいんじゃないですか?


ただし、通信速度は同じ光回線ですので早くなることはなくそのままですし、 今までのオプションサービスが一部が使えない・変更してるなど発生するかと思います。


光電話だけだったら何の問題もありませんが、値段に釣られて損しないように よくサービス内容確認して契約してくださいね。・・・この続きはこちらへ

ダミー画像

どちらを主体にするのかで選択は自ずと、

ドコモのスマホを複数台所有なら(家族単位でも)ドコモ光、

ガラケー使いならメリットは少ないのでは?、

OCNのインターネットが主体ならOCN光でしょうか、

スマホもOCNで行くなら尚の事、

契約はどちらかなので悩みますね

個人的には貴方と同じなので、

OCN光、 確かに数字(金額)は少ないようですが、電話の利用代金やナンバーディスプレイ・回線のルーターリース代

等を考えると飛びつく金額でも無いようですし、

難しいところです、 もう少し模様眺めに私はします。・・・この続きはこちらへ

ダミー画像

フレッツ光から光コラボレーションモデルに移行する場合は電話番号を引きづけますが、そこから別の光コラボレーションモデルに移行したりフレッツ光に戻す場合は電話番号が引き継げませんので要注意です。

ですから、何があっても電話番号が変更になるのが困るというのであれば、フレッツ光を利用している今のうちにひかり電話を加入電話に戻してからインターネットだけ光コラボレーションモデルに移行するか、今のままフレッツ光を使い続けるかのどちらかになります。・・・この続きはこちらへ

サブコンテンツ
このエントリーをはてなブックマークに追加