OCN光2年自動更新型割引を利用するのってどうなの?!

OCN光の2年自動更新型割引とは?!

OCN光には、2年自動更新型割引というものがあります。これは2年間の継続利用を約束をしてくれた方に適用されるサービスです。詳しく見ていきましょう。

例えば、10月に2年更新型割引を申し込んだとします。すると、それから2年間は適用され毎月の月額料金から1100円割引されるサービスとなります。それでは終わらずに、解約をしない限りは自動的に割引が続くのです。

OCN光の基本月額料金を見ますと、ホームタイプ:6200円。マンションタイプ:4700円となっています。つまり、2年更新型割引を利用しない場合は、他社よりも1100円も高くなってしまうのです。

タイプ
ファミリー通常 6,200円
ファミリー2年自動更新型割引 5,100円
マンション通常 4,700円
マンション2年自動更新型割引 3,600円

劇的にOCN光の月額料金が安くなるわけではありませんが、通常料金よりも毎月1100円も安くなるなら、利用しない手はないと思います。

他社と比較をしてみる

OCN光の2年自動更新型割引を利用してみて、他社とはどう違うか比較をしてみましょう。その安さがわかるかも知れませんね。

タイプ
OCN光ファミリー 5,100円
ソフトバンク光ファミリー 5,200円
ドコモ光ファミリー 5,200円
auひかりファミリー 5,200円

特に安さを感じるってわけではありませんが、他社よりも100円だけ毎月安くなっています。1年間の積算でいけば1200円もお得になります。

タイプ
OCN光マンション 3,600円
ソフトバンク光マンション 3,800円
ドコモ光マンション 3,800円
auひかりファミリー 3,800円

マンションタイプで比較をしてみると、他社よりも200円も安くなっています。同じく1年間の積算でいけば2400円もお得になったことがわかると思います。

この事からも2年自動更新型割引を利用しないという手はないと思います。ここがメリットと言えるところですね。

OCN光2年自動更新型割引のメリットまとめ

OCN光の2年自動更新型割引のメリットは、他社よりもファミリーなら100円。マンションなら200円も安くなるという事です。1ヶ月のみの利用ならさほどお得感も感じないかも知れませんが、1年、2年単位で考えるとやはりお得感があると感じます。

OCN光2年自動更新型割引のデメリットまとめ

メリットがあればデメリットもあります。2年自動更新型割引のデメリットは、違約金です。実は、2年間の利用を約束しての特典なので、途中解約をすると違約金が発生してしまいます。その額は11,000円です。ちょっと高額ですね。

最初の例えで言うと10月に2年自動更新型割引を申し込んだら、25ヶ月目、26ヶ月目に解約をすると違約金は発生しません。なので、2年間利用を続けた後の1~2ヶ月目に解約をするのが違約金を発生させないためのルールとなります。

コメントを残す

このページの先頭へ