プロバイダー乗り換えでかかる費用とは

プロバイダーが隠してる乗り換え費用とは

1

プロバイダーを乗り換えるだけで、お金が発生する。無料で全ての乗り換えが完了する事はほぼないと考えていい。私の経験からも、プロバイダーのみを乗り換えただけでも事務手数料として3000円がかかりました。

ただ、プロバイダー側はこの事は隠している。表記はしているが、小さく書かれていて目立たないのだ。これではプロバイダーを乗り換えたのだがお金がめちゃかかったとして苦情がきそうだ。そこで、独自に調査しまとめてみました。

まず、プロバイダーのみを乗り換えた場合であるが、ほぼどこのプロバイダーでも事務手数料がかかる。共通していて3000円となっている。最低限これだけは必要と覚えておこう。しかし、それだけで終わらないのがプロバイダー乗り換えなのだ。

なぜなら、プロバイダーを乗り換えるという事は、新規ではなくプロバイダーを解約して別のプロバイダーと契約するということです。という事は、違約金が発生している場合があります。おおよそではありますが、平均して5000円~20000円と格差があります。

そして、新しいプロバイダーに乗り換える場合、回線工事が発生する場合があります。その場合は、工事費がかかります。これも平均ですが15000円~40000円ほどかかります。各社光回線会社により工事費は設定されています。

実は、どこのプロバイダーも隠してることがある。それは回線撤去費である。違約金とは別に光回線を別会社へ乗り換える場合は前の光回線を撤去しなければ、新しい光回線の工事ができない。この事は気を付けておいてほしい事です。

そして、月額利用料金が1ヶ月目から発生するので、その事も頭に入れておかなければなりません。となると数万円もプロバイダー乗り換えで必要になってくる計算になります。例え、キャッシュバックキャンペーンがあったとしても、キャンペーンで貰えるお金は即入金はまずありません。

キャッシュバックのお金が振り込まれるのは、プロバイダー会社の代理店であっても早くても1ヶ月以上かかります。ですから、乗り換えるためには実費が必要になります。もし、今プロバイダー乗り換えを検討してるなら、どれだけ費用があるか考えておきましょう。

プロバイダー乗り換えにかかる費用一覧

プロバイダー名 事務手数料 違約金 回線工事費 撤去費用
おすすめ!DTI 光
a
800円 なし ホーム18,000円/
マンション15,000円
なし
OCN 光 3,000円 11,000円 ホーム18,000円/
マンション15,000円
なし

楽天ブロードバンド

2,000円 10,000円 プロバイダーのみ乗り換えのため必要なし なし
【SoftBank 光】
a
3,000円 (5年)15,000円/
(2年)9,500円
ホーム18,000円/
マンション15,000円
なし
【auひかり】
a
3,000円 9,500円 37,500円 28,800円
ドコモ光
a
3,000円 ホーム13,000円/
マンション8,000円
ホーム18,000円/
マンション15,000円
なし
【So-net 光 コラボ】
a
3,000円 20,000円 ホーム18,000円/
マンション15,000円
なし
ビッグローブ光
a
3,000円 9,500円 ホーム18,000円/
マンション15,000円
なし
【excite光】
a
2,000円 20,000円 ホーム18,000円/
マンション15,000円
なし
NURO 光
a
3,000円 9,500円 40,000円 10,000円

コメントを残す

このページの先頭へ