安いプロバイダーに乗り換えよう!簡単にプロバイダー月額料金比較

安いプロバイダーおすすめプロバイダー料金比較

安いプロバイダーに乗り換えよう!毎月の月額料金は気になるところだと思います。現在乗り換えを検討されてる方も、安いプロバイダーを知りたいところでしょう。そこで、簡単に各社のプロバイダー料金をまとめました。

安いプロバイダーには、「光コラボレーション」「auひかり」「ドコモ光」など光回線からADSLやWi-Fiなどがあります。まずは、各社の月額料金を確認して安いプロバイダーに乗り換えよう!

プロバイダー名 一戸建て料金 マンション料金 詳細
MEC光
a
4,500円 3,500円 エキサイトが提供するIPoE接続サービス!
DTI 光
a
3,600円 2,400円 DTI光口コミ・詳細
J:COM TV

a

5,000円 3,900円 TVとセットで安い!TVを見るならJCOM
OCN 光 5,100円 3,600円 OCN光口コミ・詳細

楽天ブロードバンド

6,650円~ 4,250円~ 楽天ブロードバンド口コミ・詳細
【SoftBank 光】
a
5,200円 3,800円 ソフトバンク光口コミ・詳細
【So-net 光 (auひかり)】
a
3,500円~ 2,100円~ So-net auひかり口コミ・詳細
【auひかり】
a
5,200円 3,800円 auひかり口コミ・詳細
So-net for ドコモ光
a
5,200円 4,000円
DTI with ドコモ光
a
5,200円 4,000円
ドコモ光
a
5,200円 4,000円 ドコモ光口コミ・詳細
【@nifty光】
a
4,600円 3,480円 nifty光口コミ・詳細
【So-net 光 コラボ】
a
3,780円 2,780円 So-net光口コミ・詳細
ビッグローブ光
a
4,980円 3,980円 ビッグローブ光口コミ・詳細
【excite光】
a
4,360円 3,360円
NURO 光
a
関東・東海・関西・福岡
4,743円 4,743円 NURO光口コミ・詳細
【eo光】
a
関西
2,953円~ 2,524円
【BBIQ】
a
九州地方限定
5,000円~ 4,100円~
メガエッグ
a
中国地方限定
4,200円 3,200円
【ピカラ光.com】
a四国地方限定
4,500円~ 3,400円~
Yahoo!モバイル
a
1,980円~ 1,980円~
SoftBank Air
a
2,967円~ 2,967円~
DTI WiMAX2+
a
2,590円~ 2,590円~

プロバイダー乗り換え 工事費無料キャンペーン比較

プロバイダー乗り換えをする際に、工事費がかかるのはちょっと辛いと思いませんか? もし工事をするとなると実費で2万円~4万円もかかります。これだけの費用があるなら、他にまわしたいとも考えてますよね。

でも、探せばキャンペーンなどで工事費が無料になったり、実質無料となることがあるのです。工事費が無料なら、お金を払わなくても工事をしてもらえます。一方、工事費が実質無料とはどういう事なのか説明をします。

auひかりの場合、一戸建てタイプなら工事費に37,500円も必要になります。しかし、625円を60ヶ月間も月額料金に組み込まれて支払う事になり、その分の625円が60ヶ月間も割引されるというものです。これにより、実質。工事費を支払いながらも、月額料金の割引により実質無料となるわけです。

プロバイダー名 工事費キャンペーン
【SoftBank 光】
a
東日本/西日本ADSL限定、工事費無料キャンペーン
ドコモ光
a
工事費無料キャンペーン
【auひかり】
a
工事費実質無料キャンペーン
NURO 光
a
工事費実質無料キャンペーン

安いプロバイダーはどこだ!おすすめを紹介

ここ

安いプロバイダーはどこなのか? 最初に説明しますと、安いプロバイダーを探す場合、回線とプロバイダーが別々契約にするか、それともセットにするかで考えます。

答えは、プロバイダーと回線をセットにした光コラボの方がお得という事です。安いプロバイダーは、フレッツ光とプロバイダーよりも、プロバイダー料金込みのセット販売されてる光コラボの方が安いです。

今光回線で最安値となるのがSo-net auひかりです。選べるキャンペーンの大幅割引を選ぶとホームなら3500円となっています。

また、マンションですと2400円となっていて、ADSL並みに安くなっています。

次に、auスマホを持ってる方限定ですが、DTI光も安い!です。auセット割キャンペーンでホームが3600円になります。

マンションが2400円になります。嬉しい事に違約金も最低利用期間もないためにDTI光ならキャンペーンで安くできます!

うちはauひかりは使えないし、auスマホも使ってないよって言うかでも大丈夫!ソフトバンクのスマホを使ってる方には、ソフトバンク光が安くてお得です!

ソフトバンク光のお得なキャンペーンにより実質ホーム3367円!となります。

マンションでは実質1967円に!なります。これはADSLよりも安くなってるかも知れませんね。

他には、大幅割引キャンペーンによりSo-net光が安い!です。30ヶ月間ですが、ホームで3980円、マンションでは2980円です。

関東、東海、近畿の地域限定ですがNURO光も安いです。ホームなら4743円とどこよりも安いです

auスマホを利用してる人なら全国的にDTI光が安い!です。auスマホを持ってない人は、So-net auひかりが安い!

どちらも利用してない出来ない方は、ソフトバンク光が安い!です。また、関東、東海、近畿の方はホームのみ安い!です。

結局、どれも利用してない出来ない方は、So-net光が安い!です。

光回線でなくともインターネットが出来れば良いと言う方はYahoo!BB ADSLが安いですよ。但し、ADSLなので動画などはめちゃ遅くなりますが。

安いプロバイダーを選ぶポイント

安いプロバイダーを選ぶにもどこを選べば良いのかわからないって方々もいると思います。そこで、簡単ではありますが安いプロバイダーを選ぶポイントを紹介します。

割引キャンペーンで安い

元々安いところを探すのは大変です。auひかりにしても、光コラボレーションにしても、ドコモ光にしても料金設定がどこも同じ感じになっているからです。そこで割引キャンペーンを開催してるプロバイダーを探しましょう。

プロバイダー 一戸建て割引月額料金 マンション割引月額料金
So-net光 3,980円 2,980円
So-net auひかり 3,680円 2,280円
DTI光 3,600円 2,400円

この3社は安いです。So-net光は一戸建てタイプで3年間、マンションタイプでも3年間という限定的ではありますが、3年間は安い料金でいけます。その後すぐに解約して他社の安いプロバイダーへ乗り換えをすればOKだろうと思います。

DTI光はスマホがauならセット割で毎月の料金が激安になります。その額、1,200円となります。1年間で換算すると14,400円もお得になります。スマホはauの方が割引が大きくてお得です。

光回線は一体型がお得

光回線で安いプロバイダーを探す場合、フレッツ光のようにプロバイダーと回線の料金と支払いが分かれている場合は、それぞれに支払いをするために高くなります。何でもそうですが、セットにした方が安くなります。プロバイダーも同じです。

タイプ 一戸建て月額料金 マンション月額料金
フレッツ光 回線5,700円+プロバイダー900円 回線3,750円+プロバイダー900円
光コラボレーション 5,200円 3,800円
auひかり 5,200円 3,800円
ドコモ光 5,200円 4,000円
NURO光 4,743円 4,743円

フレッツ光の場合は平均的な料金ですが、NTT東日本のフレッツ光ネクストを選択した場合、一戸建ての場合は5,700円とこの時点で、他のタイプより高額になっています。その上にプロバイダー料金を支払うので、家計に余裕がないと支払えないかも知れませんね。

安いプロバイダーを選ぶ注意点

安いプロバイダーへ乗り換えをしたのに、逆に高くなってしまったって事はよくあります。なかでも「違約金に注意」「工事費に注意」「撤去工事費に注意」には気を付けたいところですね。

違約金に注意

せっかく安いプロバイダーに乗り換えたのに、逆に高く支払ってしまったって事はあります。特に違約金ですが、2年縛りの割引キャンペーンなどで安いプロバイダーと契約してた場合、途中解約をすると高い違約金が発生してしまい支払う事になりかねません。

違約金が発生するケース

OCN光:2年更新型割引利用で、11,000円違約金

So-net光:3年自動更新型加入で、20,000円違約金

ソフトバンク光:5年自動更新型加入で、15,000円違約金

ソフトバンク光:2年自動更新型加入で、9,500円違約金

auひかり:3年ずっとギガ得プラン加入で、15,000円違約金

auひかり:2年ずっとギガ得プラン加入で、9,500円違約金

ドコモ光:一戸建て2年定期契約で、13,000円違約金

ドコモ光:マンション2年定期契約で、8,000円違約金

ビッグローブ光:3年プランで、20,000円違約金

ビッグローブ光:2年プランで、9,500円違約金

@nifty光:3年プランで、20,000円違約金

@nifty光:2年プランで、9,500円違約金

NURO光:NURO光G2V契約で、9,500円違約金

最高、高い違約金になると2万円なんてケースもあります。安いプロバイダーを求めて乗り換えたのに違約金が発生してしまっては大変です。注意しておきましょう。違約金を発生させないためには2年契約なら2年間は解約しない事です。そして、2年が経ったすぐ次の月に解約をしましょう。

工事費に注意

安いプロバイダーを見つけたから乗り換えようと思ったら、回線工事が必要だったってことはあります。なので、事前に工事が必要なのか調査しておく必要があります。

プロバイダーの回線工事費は高いので、安いプロバイダーを見つけても逆に高くなるケースもあります。注意が必要ですね。

プロバイダー工事費

フレッツ光:15,000円~18,000円

光コラボレーション:15,000円~18,000円

ドコモ光:15,000円~18,000円

auひかり:30,000円~37,500円

NURO光:40,000円

撤去工事費に注意

新規で工事をする場合は撤去工事は必要ありませんが、乗り換えとなると前の回線が残ってるために撤去工事が必要になってきます。その場合、工事費が必要となるケースがあります。

プロバイダー撤去工事費

auひかり:28,800円

安いプロバイダーに挑戦!プロバイダーは、環境によって料金も変わる

プロバイダーだけでなく、今は光コラボレーションなどのサービスが始まっています。また、2018年3月以降にはNURO光が全国展開へ向けて一歩前進をします。

今、関東、関西、東海の一戸建てに住まわれてる方はNURO光がとってもお得という事です。お値段は4,743円とどこよりも安い!光回線です。

プロバイダーや光コラボレーションなどの料金は、一戸建てやマンションとお住まいの環境によっても料金が異なってきます。今、住んでる環境がどんなものかを確かめてから料金を調べると良いでしょう。

また、住む環境だけでなく、光やADSL、モバイルと利用する形態についても通信環境によって、料金が異なっていく事を理解しましょう。

フレッツ光+プロバイダーと光コラボなら、断然光コラボの方が安くなっています。なぜなら、光コラボはプロバイダー料金込みだからなのです。

例え、光が最近は安くなってきたと言ってもADSLにはまだ勝てません。しかし、ADSLも速度では光回線に及びません。どちらにも利点、欠点などがある事を理解しておきましょう。

動画などを利用せず、インターネットのみを楽しむならADSLでも十分に楽しめます。ただ、光に慣れてからADSLに戻すとあまりにも遅いので嫌気がさす場合がありますので、光に慣れてしまったなら、光で安い料金のプロバイダーや光コラボレーションを選ぶといいでしょう。

綜合的に優れているのは、光コラボレーションのOCN光です。料金的にも高くなく、サポートもあり、セキュリティ面でも合格点です。

どこよりも安くと考えるならスマホをソフトバンクにして、Yahoo!BB ADSLを利用するといいでしょう。実質ADSL利用料金は0円となります。なぜなら、スマホ割が発生するからです。

光で安くしたいなら、So-net auひかりかNURO光が良いでしょう。どちらもSo-netがプロバイダーになります。So-netはサポートも良いのでおすすめです。

So-net auひかりならマンションで2,980円から始められます。スマホがauなら更にスマホ料金まで割引になりますから、とってもお得です。

マンションならSo-net auひかりがとってもお得という事です。もちろん、一戸建てにお住まいの方でも3,950円と光にしては安いです。

その他光コラボが今は安くなってきています。DTIがマンションなら2,400円に。ソフトバンク光はマンションが2,800円です。今なら光に変えてみてもいいのではないでしょうか。

コメントを残す

このページの先頭へ