光コラボの事業者変更って?!

2019年7月より光コラボレーション同士による簡単な手続きにより乗り換えが可能となりました。「事業者変更」と言われるものなのですが、いったいどういうものなのか簡単ですがNTT東日本、NTT西日本より抜粋して紹介させて頂きます。

現、契約中の光コラボレーション事業者から申し込み先の光コラボレーション事業者へ事業者変更により、回線工事をすることなく乗り換えて頂くことが出来ます。つまり、こうです。今までは光コラボレーション事業者から他社の光コラボレーション事業者へ乗り換えをするためには、必ず回線工事が必要でした。

ですが、2019年7月1日より事業者変更という名目で、光コラボレーション事業者から他社光コラボレーション事業者へ乗り換えするために必要だった回線工事をする必要はなく、事務処理で乗り換えが出来るという事です。その場合は、事業者変更承認番号を発行してもらう必要があります。

事業者変更承認番号は、現在、契約中の光コラボレーション事業者から発行をしてもらう必要があります。発行をしてもらったら、今度は申し込み先の光コラボレーション事業者へ申し込みの際に伝えます。これで完了です。

フレッツ光から転用承諾番号を発行してもらって、光コラボレーション事業者へ乗り換えたと思いますが、要領はそんな感じで大丈夫です。一度、経験されてると思うので、事業者変更の手続きも簡単に出来ると思います。

事業者変更の注意点

簡単に光コラボレーションが乗り換えが出来るようになり、私達のストレスも半減されたのではないでしょうか? ついに解禁となったわけです。今の光コラボレーション事業者とはおさらばだと意気込んでる方もいる事でしょう。

しかし、事業者変更でも落とし穴があるのです。注意する点について紹介をさせて頂きます。この点もNTT東日本、NTT西日本より抜粋させて頂きます。

事業者変更をする場合は、光コラボレーション事業者や販売代理店がやるのではなくご本人が手続きをして頂く必要がありますとあります。つまり、第3者の手で手続きするのではなくご本人が確認をして契約をして下さいと言うとこです。これは詐欺やなりすましを防止するものと思われます。

事業者変更をすることによって、現在利用中のメールアドレスが使えなくなったり、現在契約中の光コラボレーション事業者からの契約解除料がかかる場合がありますとあります。プロバイダー乗り換えを経験してる方はわかると思いますが、事業者変更をすると今使ってるメールアドレスは、契約解除とともに使えなくなります。

また、事業者変更をすると現在契約中の光コラボレーション事業者から契約解除料および違約金がかかるということです。例えば、OCN光なら2年更新型割引を利用中なら、違約金がかかります。その事に注意して事業者変更をしてくださいという事です。

メールアドレスに関しては、そのまま使える可能性もあります。それは他のページでも紹介させて頂きました。

  • OCN:OCNバリュープラン 250円
  • So-net:モバイルコース 200円
  • WAKWAK:WAKWAKメール専用コース 200円
  • DTI: Ubicプラン 200円
  • BIGLOBE:ベーシックコース 200円
  • ASAHIネット:メールブログコース 300円
  • @nifty: 基本料金コース 250円

但し、Yahoo!BBのヤフーメールは「@ybb.ne.jp」のメールアドレスを残す事は出来ません。代わりにフリーメールとして「@yahoo.co.jp」のメールアドレスを使えます。メールアドレス変更となってしまうので、申し込み先の光コラボレーション事業者のメールアドレスを利用される方が良いかも知れません。

事業者変更で回線工事が必要ないから、数万円もかかる回線工事をしなくてもいいから助かると思ってる方もいると思いますが、だからと言って無料で乗り換えが出来るわけではありません。事業者変更をすると事務処理をするので事務手数料がかかります。各社違いがありますが、およそ3,000円は必要と思ってください。

事業者変更のメリットとは?!

今まで、光コラボレーションを使っているけど、乗り換えが不可能ということで諦めていた方もいたのではないでしょうか? それでも、乗り換えが不可能という訳ではなく、光コラボ同士で乗り換える場合は、同じフレッツ光を使っているにも関わらずに回線工事が必要なのでした。

そうなのです。光コラボレーションはNTT東日本、NTT西日本からフレッツ光を転用という形で借りていたわけです。だから、光コラボレーション同士の乗り換えは、同じフレッツ光回線を使ってるにも関わらず、回線工事が必要なのでした。

そんなモヤモヤした気持ちの方もいたと思いますが、2019年7月より事業者変更により回線工事をすることなく乗り換えが可能となったわけです。これは、かなりのメリットになるはずです。なぜなら、これまでは回線工事として数万円ものお金を払ってきたわけですが、これからは事務処理のみで乗り換えが出来るので助かります。

メリットは、回線工事をすることなく事務処理で簡単に乗り換えが出来てしまうという事です。今まで乗り換えが出来ず不満に思っていた方もこれからは簡単に乗り換えが出来ますよ。

事業者変更のデメリットとは?!

光コラボレーション同士の乗り換えが可能となったわけで、メリットしかないと思われがちですが、簡単に乗り換えが出来てしまう事業者変更にもデメリットがあります。

無料で乗り換えが出来ると思われがちですが、そうではありません。事務処理をするので事務手数料をとられます。OCN光なら3,000円もとられてしまいます。数万円規模の回線工事をする必要はなくなりましたが、乗り換えるだけでも数千円は必要となります。

他には、NTT東日本、NTT西日本のホームページにもありましたが、現在契約中の光コラボレーション事業者からの契約解除料が発生します。これは数万円規模にもなる場合があります。

  • OCN光:11,000円 2年プラン
  • So-net光:7,500円 30ヶ月プラン
  • BIGLOBE光:9,500円 2年プラン
  • BIGLOBE光:20,000円 3年プラン
  • nifty光:9,500円 2年プラン
  • nifty光:20,000円 3年プラン
  • ソフトバンク光:9,500円 2年プラン
  • ソフトバンク光:15,000円 5年プラン
  • ドコモ光:13,000円 一戸建てタイプ
  • ドコモ光:8,000円 マンションタイプ

以上の様に、違約金がかかりますので注意が必要です。何年プランと契約してたかにより違約金が異なってきます。ご自身の契約プランも調べておきましょう。

現在契約中の光コラボレーション事業者からサービスされてるメールアドレスが使えなくなります。今でこそ、SNSが発達して利用価値は薄れてはいますが、今利用されてるサービスのお得情報などを知ることが出来たり、利用価値はそれなりにあります。

また、メールアドレスが使えなくなると不便になる方もいると思います。その場合でも、毎月数百円を払うことで続けて利用ができるので、この点は安心は少しはありますね。余計な出費が増えるのでデメリットと言えるでしょう。

事業者変更のできる光回線形態とは?!

事業者変更によって光コラボレーション同士の乗り換えが簡単になりましたが、出来るのは光コラボレーション同士なのでしょうか? NTT東日本、NTT西日本にはこう書かれてました。光コラボレーション事業者とフレッツ光との契約。

つまり、光コラボレーションだけでなく、NTT東日本およびNTT西日本で今もサービスされているフレッツ光へも戻すことが可能となったわけです。フレッツ光へ戻すことが可能となれば、プロバイダーのみ乗り換えをする事も可能となります。

  • ①光コラボレーション事業者⇒ 光コラボレーション事業者
  • ②光コラボレーション事業者⇒ フレッツ光
  • ③光コラボレーション事業者⇒ ドコモ光
  • ④ドコモ光⇒ フレッツ光
  • ⑤ドコモ光⇒ 光コラボレーション事業者

以上の様になります。フレッツ光を使った全てのサービス間で事業者変更という形で乗り換えが可能となりました。その際には、無料ではなく事務手数料が発生しますので注意しましょう。