プロバイダー切り替えはとっても簡単

イメージ画像

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロバイダー切り替えはとっても簡単

ここ

プロバイダーを切り替えたいと考えている方へ、その方法について紹介させて頂きます。今現在、回線がフレッツ光以外の方はとても面倒ですが、回線ごと切り替える必要があります。


フレッツ光を利用してる方のプロバイダー切り替え方法

NTTフレッツ光を利用してインターネットを楽しんでいる方は、プロバイダーを切り替えるのはとっても簡単です。なぜなら、フレッツ光はそのままでプロバイダーのみを切り替える事が出来るからです。


では、例えで紹介させて頂きますと、今現在プロバイダーがOCNだったとします。そして、プロバイダーを楽天ブロードバンドへ切り替えたいと考えているとします。


まずは、楽天ブロードバンドへ契約の申し込みをします。1週間ほどしたら書類が楽天ブロードバンドから送られてきます。大事な書類なので大切に保管していて下さい。


次に、インターネットを利用してる端末に送られてきた書類に書かれてる「プロバイダーID」と「パスワード」を入力してプロバイダーの設定をします。


その後、インターネットへ繋がる事を確認した上で、今まで使っていたOCNを解約して下さい。これでプロバイダーの切り替えが終了です。


フレッツ光の場合は、沢山あるプロバイダーの中から自由に選ぶ事が出来て、切り替えも自由に出来ます。但し、契約上で違約金が発生する場合があるので注意は必要です。


フレッツ光以外を利用してる方のプロバイダー切り替え方法

フレッツ光以外を利用してる方は、同じ光回線内のプロバイダーへ切り替える場合でも、回線工事が必要となります。


では、なぜ回線工事が必要なのかと言いますと、セットになってるからなのです。プロバイダーと回線が1つのサービスとして売り出されていますので、例え同じauひかりであっても工事をしないと他のプロバイダーへ切り替える事が出来ません。


但し、ドコモ光だけはプロバイダーのみ切り替える事ができます。その代わりネットからの切り替えが出来ないので注意が必要です。わざわざ店頭まで行き申し込みをしなければなりません。


では、フレッツ光以外のプロバイダー切り替え方法を紹介します。その方法はとても簡単なのですが、途中で工事があるので面倒かも知れません。


例えで紹介させて頂きますと、今現在のプロバイダーがOCN光だったとします。そして、プロバイダーをSo-net光へ切り替えたいと考えているとします。


まずは、So-net光へ契約の申し込みをします。1週間後くらいにSo-netから「ID」と「パスワード」などが書かれた重要書類が送られてきます。


申し込みと同時に、工事のスケジュールも申し込みで依頼します。その後、工事日に工事がされてSo-net光へ切り替える準備が整います。


工事が終了したら、So-netから送られてきた重要書類を取り出し、そこに書かれてる「ID」と「パスワード」を利用してる端末にプロバイダー設定をします。


インターネットが繋がった事を確認して、OCN光へ解約を申し込みをします。これで終了です。但し、OCN光から違約金が発生する場合があるので注意が必要です。


まとめ

プロバイダー切り替えは、フレッツ光のようにとても簡単なものから工事が入る面倒なものまであります。そして、ここが重要なのですが、違約金が発生する場合があるので注意が必要です。


この違約金というのは、最低利用期間というのが設けられている場合、それを破棄し最低利用期間内に切り替えを行った場合に発生します。


例えば、〇〇万円キャッシュバックキャンペーンなどで契約をした場合に、最低でも〇年間は利用して下さいというものが設けられます。それを破棄し、〇年以内に切り替えをした場合に発生するのです。


プロバイダー切り替えはとても簡単なものですが、切り替え後に通信速度が遅くなったとか、料金が高くなったなどのデメリットが発生する事もあります。


但し、この逆もあります。なので、プロバイダーを切り替える前の調査がもっとも重要という事になります。調査不足だと思わぬ落とし穴にはまることもあります。


サブコンテンツ
このエントリーをはてなブックマークに追加