オプション料金に気を付けろ!プロバイダー月額料金の罠

毎月支払うプロバイダー月額利用料金の罠

1

毎月、みなさんはプロバイダー月額利用料金にいくら支払っていますか? プロバイダーが示してる通りに一戸建てタイプの方なら5,200円。マンションの方なら3,800円程度でおさまっていますか?

プロバイダーが販売広告などで大々的に月額料金が安い!とか格安プロバイダーとか書いてますが、嘘なところもあります。プロバイダーはそれでは儲からないのです。どこで儲けてるかっていうとオプション料金などです。

例えば、BB.exciteってプロバイダーがありますが、実際に広告などではプロバイダー料金300円とか書いてますが、実際にはそんな料金でインターネットは出来ません。そこに回線料金が加わりますし、メールアドレスやホームページなどを追加したらオプション料金が発生します。

そんなこんなでプロバイダー料金は大きく膨れ上がり、プロバイダー料金300円が、6,000円くらいになってたりするものです。怖いですねぇ。そして、プロバイダー高い!って不満に思っちゃうものなのです。

プロバイダーのオプション料金には気を付けましょう。ただ単にインターネットを楽しむだけなら、一戸建てなら5,000円程度で、マンションなら4,000円程度で済むと思いますが、そうはいきません。やはり、メールもするでしょうし、セキュリティも大事。サポートもしてもらわないとダメってなるとどんどんオプション料金が膨れ上がり5,000円が8,000円、10,000円超えになったりするものです。

プロバイダーの言いなりになっていると損をすることになりますよ。いや。プロバイダーおよびプロバイダーの代理店のいいなりになってると大損してしまいます。そこで、必要最低限揃ってるプロバイダーを選びましょう。

例えば、メールアドレスが標準装備されてるとか。セキュリティも大体のものが標準装備されてるというプロバイダーを選ぶと、標準のプロバイダー料金で済みます。それをオプションでメールアドレスが付いてたり、セキュリティもオプション。ホームページもオプションってなってるとオプション料金だけで月額利用料金が膨れ上がります。

また、よくある光コラボレーションなどの割引にスマホ割がありますが、その系列スマホを持っていなければ、全然割引も何もないです。厳しいですが。その代わり、系列スマホを持っていると毎月のスマホ料金が割引されます。

勘違いされないでほしいのですが、スマホ割はスマホ料金が割引されるもので、光インターネットの月額利用料金は割引されません。そのため、膨れ上がった料金を安くしたくても出来ないのでご了承願います。

また、キャンペーンで安くなった月額利用料金もキャンペーンが終了すれば元の高い料金に戻ります。その時点で縛り期間が終わっていればよいのですが、まだ縛り期間ですと違約金が発生してしまうので逆に損になります。その事も注意しましょう。

プロバイダー月額料金にかかる費用一覧

プロバイダー名 メール ウィルスチェック 迷惑メールチェック 迷惑メールブロック
おすすめ!DTI 光
a
1個 無料 無料 無料
OCN 光 1個 あり 200円 200円
【SoftBank 光】
a
Yahoo!BB基本サービス550円 左に同じ 左に同じ 左に同じ
【auひかり】
a
1個 300円 無料 無料
ドコモ光
a
1個 無料 無料 200円
【So-net 光 コラボ】
a
1個 150円 なし 無料
ビッグローブ光
a
1個 300円 無料 150円

プロバイダー月額料金にかかる費用一覧

プロバイダー名 ひかり電話 光テレビ サポート
おすすめ!DTI 光
a
500円 750円 500円
OCN 光 500円 750円 500円
【SoftBank 光】
a
467円 750円 500円
【auひかり】
a
500円 500円 500円
ドコモ光
a
500円 500円 500円
【So-net 光 コラボ】
a
500円 750円 300円
ビッグローブ光
a
500円 750円 300円

なお、「ひかり電話」「光テレビ」「サポート」に関する料金はあくまでも基本料金となります。サービスを受けるとそれ相当の費用が別途必要となります。ご注意下さい。

コメントを残す

このページの先頭へ